NHK高瀬アナ、人気の「朝ドラ送り」で大失態 SNSで炎上…“広島軽視”の批判も - イザ!

メインコンテンツ

NHK高瀬アナ、人気の「朝ドラ送り」で大失態 SNSで炎上…“広島軽視”の批判も

やっちまった高瀬アナ
やっちまった高瀬アナ

 これは大チョンボだ。NHKの高瀬耕造アナ(45)といえば、キャスターを務める『おはよう日本』のラストで次に流れる朝ドラについて触れる「朝ドラ送り」が、その人柄がにじみ出ることもあって人気を得ているが、今月6日の放送ではこれが裏目に出てしまった。

 6日は『おはよう日本』の後は「令和3年 広島平和記念式典」が放送されることになっており、朝ドラの『おかえりモネ』は式典の終了後に放送される予定だった。

 にもかかわらず、高瀬アナはいつもと同じように“朝ドラ送り”をしてしまったのだ。これにはさすがにSNS上で批判が殺到。高瀬アナは10日の放送で「式典とは関係のない連続テレビ小説についてコメントしてしまいました」と謝罪することになったのだ。

 「高瀬アナは現在、NHKの男性アナでは、そつのない司会ぶりやお茶の間が親しみやすいキャラで評価が高く、エース級と目されているだけにらしからぬ軽率なミスですね」とは同局関係者。

 しかし、テレビ誌編集者はまったく想定できなかったミスではないと指摘する。

 「最近、『あさイチ』での博多華丸・大吉による“朝ドラ受け“と並んで、高瀬アナの朝ドラ送りは視聴者に人気です。『おはよう日本』の公式ページに“朝ドラ送り”の動画をアップしていることからも、その人気が分かります。ちょっと調子に乗りすぎてしまったというか、気が緩んだのでしょうか」

 さらにこう続ける。

 「今年の8月6日は、東京オリンピックのさなかとあって、“広島“関連の番組について、朝8時からの式典を放送した後は定時のニュースで取り上げたぐらいで、深夜帯まで予定されていなかったことが、ネット上では批判の対象になっていました。そこに加えての高瀬アナの“広島軽視”とも言われかねないミスですから深刻です」

 これからの「朝ドラ送り」はどうなるのだろう。

zakzak


  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人