NHK大河ドラマ「青天を衝け」新キャスト発表で朝倉あきトレンド入り 「今日はもう仕事しません」とファン歓喜(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

NHK大河ドラマ「青天を衝け」新キャスト発表で朝倉あきトレンド入り 「今日はもう仕事しません」とファン歓喜

朝倉あき(撮影・加藤圭祐)
朝倉あき(撮影・加藤圭祐)

NHKは11日、放送中の大河ドラマ「青天を衝け」の新キャストを発表。女優の朝倉あきの名にファンが歓喜し、同日午後のヤフーリアルタイム検索トレンドで、急上昇する事態となった。

同作は、俳優の吉沢亮が主演を務め、「日本資本主義の父」と言われ、新一万円札の顔ともなる実業家、渋沢栄一の人生を描く物語(毎週日曜 BSプレミアム・午後6時~、NHK総合・午後8時~)。

ドラマは現在、第15代将軍の徳川慶喜が朝廷に大政奉還し、幕末から明治期へと時代が移り変わる時期を背景に進行中。今回発表されたのは、ドラマ後半の明治時代に登場する人物の配役だ。三菱商会の創立者、岩崎弥太郎を演じる歌舞伎俳優の中村芝翫のほか、三井組・番頭、三野村利左衛門役のイッセー尾形、小野組・番頭役の小野善右衛門役の小倉久寛らベテランに混じり、朝倉のキャスティングも明らかになった。

朝倉が演じるのは、内閣総理大臣や外務大臣を歴任し、早稲田大学の創設者としても知られる政治家・大隈重信の妻、大隈綾子。朝倉はNHKの公式サイトに寄せたコメントで、「綾子は夫の大隈重信をよく支えた人として知られていますが、きっと旦那様に負けず熱い心を持ち、自ら考え動く人だったのではないかと想像しています。私も、己が出来ることを常に考えながらわくわくと現場に立ちたいと思います」と意気込みを語っている。大河ドラマには2011年の「江~姫たちの戦国~」、2019年の「おんな城主 直虎」以来3度目の出演。なお、夫の大隈重信は、俳優の大倉孝二が演じることがすでに発表されている。

  1. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  2. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く
  3. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  4. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は
  5. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で