駐韓国前公使が帰国 不適切発言で更迭か

産経ニュース
相馬弘尚氏(聯合=共同)
相馬弘尚氏(聯合=共同)

【ソウル=桜井紀雄】韓国の対日外交を表現する際に不適切な発言をしたとして韓国側の強い反発を招いた在韓日本大使館の相馬弘尚前総括公使が11日、帰国した。日本の外務省が1日付で帰国を命じていた。定例の人事異動の扱いだが、事実上の更迭とみられる。

韓国のJTBCテレビは7月16日、同社記者との懇談の場で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が日本に対し、独りよがりの外交をしているとの趣旨で「マスターベーション」との表現を使ったと報道。相星孝一駐韓大使が厳重注意したが、韓国外務省が相星氏を呼んで抗議し、「相応の措置」を求めた。

韓国側は、東京五輪の開会式に合わせ、日韓両政府が調整していた文氏の訪日が直前に取りやめになった原因の一つに上げている。

政務担当公使だった熊谷直樹氏が後任の総括公使を務めている。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  3. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性