千葉・浦安は「柔道のふるさと」 ウルフ選手が市長表敬

産経ニュース
金メダルを報告したウルフ・アロン選手=11日、浦安市役所(江田隆一撮影)
金メダルを報告したウルフ・アロン選手=11日、浦安市役所(江田隆一撮影)

東京五輪柔道男子100キロ級で金メダルに輝いたウルフ・アロン選手(25)が11日、千葉県浦安市の内田悦嗣市長を表敬訪問し、「優勝した瞬間はつらく、苦しい経験の全てが報われたと思った。高校3年間を過ごした浦安市に金メダルを持って戻れてよかった」と喜びを語った。

ウルフ選手は東海大浦安高校で学び、東海大学を経て、現在は市内に本部がある了徳寺大学に職員として所属している。

内田市長から花束を贈られたウルフ選手は「高校時代の自主性を重視した練習で、柔道のレベルが上がった。自分にとって浦安は柔道のふるさと。自宅から自転車で通ったこと、途中パンクして困ったことも懐かしい思い出だ」と話した。

今後はしばらく休養する予定という。魚をさばく特技を持つウルフ選手は「豊洲市場で魚を仕入れたい」とし、「おろすのが難しいマゴチに挑戦して刺し身にする。調理するのも食べるのも大好き」と笑顔を見せた。

東京五輪が1年延期されたことで次のパリ五輪は3年後の開催となる。ウルフ選手は「休んでいる時間はない。(優勝した東京五輪の)波を維持したい」とも話していた。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  4. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  5. 【球界ここだけの話(2792)】ヤクルト・村上宗隆の大活躍を予言していた男が広島にいた