横浜高校、甲子園で初の“チアガール”にネット民「めっちゃ新鮮!」「共学化のメリットが!!」 チームは逆転サヨナラ3ランで劇的勝利 - イザ!

メインコンテンツ

横浜高校、甲子園で初の“チアガール”にネット民「めっちゃ新鮮!」「共学化のメリットが!!」 チームは逆転サヨナラ3ランで劇的勝利

スタンドから声援を送る横浜高校のチアガール=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
スタンドから声援を送る横浜高校のチアガール=甲子園球場(撮影・水島啓輔)

全国高校野球選手権大会第2日が11日、甲子園球場で行われ、第2試合に春夏通算5回の優勝を誇り、2020年度から共学になった横浜高校(神奈川)が登場し、ネット上で「横高初めてのチアだぁ~」などと大きな話題になっている。試合は九回に逆転サヨナラ3点本塁打が飛び出し、広島新庄(広島)を下して2回戦に進出した。

松坂大輔、筒香嘉智ら多くのプロ野球選手を輩出してきた横浜高校は、これまで男子校として知られてきた硬式野球の名門校。男子生徒のブラスバンドが「第五応援歌」や「鉄腕アトム(横高アトム)」など、甲子園でもお馴染みの応援歌でアルプススタンドを盛り上げ、迫力の応援でも有名だ。

男子校のイメージが強かった横浜高校だが、昨年度から共学化。今年は女子生徒を迎えてから初めての甲子園出場となり、アルプス席に「YOKOHAMA」の文字が入った黄色いコスチュームに身を包んで、赤いポンポンを振るチアガールが登場すると、SNSには試合中から「ちょっと待った。横高にチアガールがいる」「横浜高校にチア部いたの?」「今年、デビュー!!」「マヂですか!!」「共学化のメリットが!!」などと、驚きを交えたコメントが寄せられた。

ほかにも「てか横浜高校の校歌でチア居るのが僕の中では斬新過ぎて、そっちばかり目がいって全く校歌入ってこなかった」「ずっと男子校のイメージが強いからめっちゃ新鮮!」「横高にチアが居るのまだ慣れないな」「新生横浜高校を応援しましょ!」などと、さまざまな反応が続々。なかには「私の代で共学になってたらチアやってたわ!!!」と悔しがる?ネット民もいた。

また、多くの高校野球ファンからは「高1で横浜高校の1番ショートって凄すぎるな」「1番ショートの1年生ってえぐい」などと、1番・遊撃手で先発出場した横浜高校の1年生、緒方漣にも注目が集まった。2点を追う九回二死一、三塁の土壇場で、緒方が左翼席に大会1号となる逆転3ランをたたき込むと、「緒方打ちゃたよ!」「こんなこと…こんなこと…あるのが甲子園!!!!」「どこからきた逸材なの!?」「久々に『試合は終わるまで分からない』を見た」と興奮冷めやらぬコメントが殺到。共学後の甲子園の“初陣”を飾った劇的な勝利に沸いていた。

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. ファーウェイCFO逮捕でバレてしまった「中国という国の本質」
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 【住宅クライシス】タワマン管理契約と修繕工事の深い関係