テレ朝“五輪”打ち上げに批判殺到 バッハ会長の“銀ブラ”批判直後の不祥事に「ブーメラン競技あったら金メダル」とネット民(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

テレ朝“五輪”打ち上げに批判殺到 バッハ会長の“銀ブラ”批判直後の不祥事に「ブーメラン競技あったら金メダル」とネット民

テレビ朝日本社=東京・六本木
テレビ朝日本社=東京・六本木

テレビ朝日は10日、東京五輪番組担当スタッフが8日の閉会式後、東京都内で飲酒を伴う宴席を集団で開き、うち社員1人が酔って転落事故を起こしていたと発表。国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長の“銀ブラ”を批判した直後の不祥事に、ネットでは同局に対して批判の声が殺到している。

同局によると当時、スタッフ10人が集まり、打ち上げ名目の宴席を開催。転落したスポーツ局の社員は負傷して緊急搬送されたという。同局は緊急事態宣言下での不祥事に「不要不急の外出などの自粛を呼びかける立場にありながら著しく自覚を欠く行動があったことは大変遺憾であり、深く反省しています」などとコメント。同日の報道ステーションでも富川悠太キャスターが同じ内容の謝罪文を読み上げ、頭を下げた。太田昌克コメンテーターも同番組内で、「絶対にあってはならない不祥事。緊急事態宣言下で、これは許されない行為」と厳しく批判した。

ばつが悪いことに、この日放送された同局系「大下容子ワイド!スクランブル」(前10・25~)では、9日に東京・銀座を散策したバッハ会長について「バッハ会長は特別ルールだったんでしょうかね」「家に帰るまでがオリンピック」などと難詰。これを受けてネット上では「泥酔してビルから落ちて医療機関に迷惑かける社員よりマシ」「『うちに帰るまでがオリンピック』『特別ルール』『不要不急』テレビ朝日、渾身のブーメラン」「ブーメランの競技があったら金メダル」などの声も上がっている。

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり
  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」