大橋悠依、阿部詩、伊藤美誠ほか 日本代表女子選手の意外な素顔 - イザ!

メインコンテンツ

大橋悠依、阿部詩、伊藤美誠ほか 日本代表女子選手の意外な素顔

ポストセブン
金メダルを獲得し、満面の笑みでピースサインをする大橋悠依選手(写真/AFLO)
金メダルを獲得し、満面の笑みでピースサインをする大橋悠依選手(写真/AFLO)

日本中を興奮させた東京五輪も終了。大会前半のメダルラッシュで日本選手団を勢いづけたのが女子選手たちでした。しかし、競技から一歩離れると、彼女たちにも意外な素顔が! 思わず親近感が湧いくるエピソードの数々を紹介します。

●大橋悠依(25才) 競泳女子400m個人メドレー・金メダル、競泳女子200m個人メドレー・金メダル

自身のインスタグラムで、ペンライトや手作りうちわのコンサートグッズをたびたび投稿しているほど熱心な嵐ファンで、推しは大野智。櫻井翔がMCを務める『東京2020 オリンピック デイリーハイライト』(NHK)に出演した際、櫻井が大野からスマホに届いたというメッセージを紹介すると、「いちばん嬉しいかも」と乙女な表情で喜んだ。

一方、最近ではいちばん会いたい人は目黒蓮(Snow Man)、試合前に聞く音楽はSnow Man、ジャニーズWESTと答えるなど、ジャニーズ愛が止まらない様子。

●伊藤美誠(20才) 卓球混合ダブルス・金メダル、卓球女子シングルス・銅メダル

伊藤選手の大親友はフィギュアスケートの本田真凜選手(19才)。意外な顔合わせに思える2人の出会いは2016年の国立スポーツ科学センター(JISS)の研修会で、すぐに意気投合したという。インスタグラムには、“みまりん”コンビが仲よくデートする姿をたびたび投稿。トップアスリートの2人が、等身大の女の子の顔を見せているのが微笑ましい。

●阿部詩(21才) 柔道女子52kg・金メダル、柔道混合団体・銀メダル

男子66kg級で金メダルを獲得した阿部一二三選手の妹・詩選手は、試合のアップのときにはバナナの模様が入った靴下を履く……というかわいらしいゲン担ぎをしている。気持ちを盛り上げたいときには、柔道場でTM NETWORKの曲をかけることもあるとか。肉好きで、食の好みも兄と息ぴったりだ。

●藤田倭(30才)ソフトボール・金メダル

二刀流として大活躍した藤田選手が一度会ってみたいと憧れている人は、同じく二刀流の大谷翔平選手(27)……かと思いきや、スキージャンプの高梨沙羅選手(24)だという。試合前のルーティンは音楽を聴くことで、好きなアーティストはONE OK ROCK。

●後藤希友 選手 ソフトボール・金メダル

投手陣の中で最年少ながら、堂々としたピッチングでピンチにも強い後藤選手。試合前のルーティンは好きなアーティストの決まった曲を聴くこと。NiziUの大ファンで、特に好きな曲は『Take a picture』。五輪の試合前にも聴いていたかも!?

●上野由岐子(39才) ソフトボール・金メダル

日本チームの大黒柱は、大阪銘菓として人気の『りくろーおじさんの焼きたてチーズケーキ』がいちばん好きな食べ物……というかわいらしい一面が。モロゾフやヨックモックのクッキーなども好むスイーツ好きだが、嫌いな食べ物は和菓子……と洋菓子だけをこよなく愛している。

●西矢椛(13才) スケートボード女子ストリート・金メダル

座右の銘「獅子奮迅」のごとく、日本史上最年少金メダリストとなった西矢選手。試合前のルーティンは「お菓子を食べること」というのが、実に13才らしい。試合前に「ラスカルの話をしていた」と発言したことが話題になり、同名のラッパー説も流れる中、『あらいぐまラスカル』だったと判明したことも話題に。

●中山楓奈(16才) スケートボード女子ストリート・銅メダル

現役女子高生の中山選手が好きなアーティストは、ティーンの中でも絶大な支持を得ている米津玄師。なかでもよく聴いている曲は『MAD HEAD LOVE』だという。メダルのご褒美も「漫画がほしいです」と会見で答えていたように、普段はごく普通の女子高生で休日はテレビや映画、動画サイトを見たり、ゲームをして過ごしたり、家でゆっくり過ごすのが好きというインドア派だ。

●石川佳純(28才)卓球女子シングルス 卓球女子団体・銀メダル

2018年に「かすみんカレー」を、2019年に「かすみん牛丼」と「かすみん炊きたてごはん」を監修して発売。たんぱく質が豊富なモモ肉を使うなど、アスリートらしいこだわりが。海外遠征時にはこのカレーを箱で持っていくそうだ。

●平野美宇(21才) 卓球女子団体・銀メダル

アイドル好きの平野選手。ライブ参戦はもちろん握手会に通うほど、乃木坂46の大ファン。昨年、出演した番組で現在の推しメンを聞かれたところ、「『I see…』の賀喜(遥香)さんがかわいすぎて、何回も見ています」と告白している。

※女性セブン2021年8月19・26日号

関連記事
  1. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  2. 「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局
  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」