セカオワFukase 映画関係者も驚き「歌手兼俳優」の中で断トツ演技力 - イザ!

メインコンテンツ

セカオワFukase 映画関係者も驚き「歌手兼俳優」の中で断トツ演技力

ポストセブン
演技力が評価されているFukase
演技力が評価されているFukase

「来年3月の日本アカデミー賞新人俳優賞は、異例の新人が受賞するかもしれませんよ」

ある映画関係者がそうささやくのは、男女混合4人組バンド「SEKAI NO OWARI」(通称・セカオワ)のボーカルで、6月公開の映画「キャラクター」で俳優デビューしたFukase(35才)についてである。

7月末、Fukaseは都内でバンドメンバーとの収録を終えると、マスクやハットも含めて全身黒ずくめの服装で、まるで劇中での謎の殺人犯のようにミステリアスな格好で、帰りの車に乗っていった。

菅田将暉(28才)主演の「キャラクター」では、天才的な殺人犯を不気味にエキセントリックに演じた。その芝居が関係者の間で高評価を得ている。

村瀬健プロデューサーから、2年も前から熱烈オファーを受けて、悩んだ末に出演を決断。芝居のワークショップで1年間のレッスンを受けて、友人の神木隆之介(28才)にもアドバイスをもらうなどをして、満を持して俳優業に臨んでいた。

前出の映画関係者は「共演者は、菅田さんに加えて、高畑充希さん(29才)、中村獅童さん(48才)に小栗旬さん(38才)と演技派ぞろいでした。それでも『もしかして地なのでは』と噂になるほど、サイコパスな芝居で強烈な存在感を残しました」と振り返った。

ファンや周囲からも好評だった模様で、Fukase本人も舞台あいさつでは「演技だとハッキリ言っておきます! 1年半練習しました。こんなに風評被害が出るとは思っていなかったし、普段は虫も殺さないんです」と、苦笑いで弁明したほどだった。

主演の菅田からも「台本の読み合わせのときから、シーンに合わせて声色を使い分けられていた」と絶賛された。表情や仕草だけでなく、声まで褒められるあたりは、歌手の面目躍如といったところだ。

古くは、ザ・ロッカーズの陣内孝則(62才)や「BINGO BONGO」のユースケ・サンタマリア(50才)ら、バンドのボーカルから俳優に転身した人は数多い。しかし「ミュージシャンとしてドームツアーをするほどに大成功を収めてから、役者に挑戦した人は稀です。ともすればバンドの経歴を汚すリスクがありますから」(前出・映画関係者)

そんなリスクがあるからこそ、オファー当初はFukaseも悩んだのだろう。そして、腰かけ程度ではなく、じっくりと準備を積んでの初挑戦だったのだ。

しかも、10月に初の絵本「BLUENO(ブルーノ)」が刊行されることも発表された。長年温めていたオリジナル物語を、油絵で書き下ろしたという。嵐の災害に遭った王国が舞台で、国民を助ける王様と、助けを待つ村人の2つの視点で描かれる内容だという。蛇とサルの表紙イラストが公開されると、「楽しみ」、「次はどんな才能を発揮するの」と、SNS上でも話題になっている。

引く手あまただけに、今まで以上に幅広い活躍をしていきそうだ。

関連記事
  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート