「BLEACH」原画展発表と「ジャンプ」読み切りでトレンド入り 「新章開幕?」との期待も(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

「BLEACH」原画展発表と「ジャンプ」読み切りでトレンド入り 「新章開幕?」との期待も

東京都区千代田区の集英社(早坂洋祐撮影)
東京都区千代田区の集英社(早坂洋祐撮影)

人気漫画「BLEACH」初の原画展が12月18日から開催されると10日、原画展の公式サイトなどで発表された。同日発売の「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)に読み切り作品が掲載されたこともあって、同作のファンが沸き立ち、同日朝のヤフーリアルタイム検索やツイッターのトレンド上位にランクインして盛り上がりを見せた。

「BLEACH」は、漫画家・久保帯人氏が2001年から16年にかけて、「週刊少年ジャンプ」に連載したバトル漫画。東京にある架空の町・空座町(からくらちょう)を舞台に、家族を守るために悪霊・虚(ホロウ)を退治する死神代行になった高校生・黒崎一護とその仲間たちの活躍を描く。04年にテレビアニメ化、劇場版アニメも4本製作されたほか、18年には俳優・福士蒼汰主演で実写映画化もされている。

原画展は同作初で、12月18日より22年1月16日にかけて東京・渋谷ヒカリエのヒカリエホールで開催される。チケットの一般抽選受け付けは10月21日から。

発表を受け、ツイッターでは「思ったより短い!けど3回は行きたい!」「これでオタクBLEACH部集結したさありますね」など、同作のファンが喜びに沸いている。人気作品だけあって、「やっぱ、抽選ですよねぇ FCに入ってても落ちる気しかしない」「負けられない戦い…」など、チケット争奪戦を予想した書き込みも見られた。

しかし、「え、東京だけなん、、?」「ファンは全国にいるんだよ」とのコメントが見られるように、最も目立つのは東京でしか開催されないことに落胆するつぶやき。「コロナじゃなかったらなー…。県外になんて出られるはずもなく。自由に行き来できるようになってから企画して欲しかった。地方に冷たい」「県内移動すらはばかられてるのに関東なんて行けないよ…」など、ワクチン接種率が十分に高まっておらず、県をまたいだ移動がはばかられる現状に鑑み、開催時期の12月になっても、安心して上京できる状態になっていないのではないかと予想するユーザーが少なくない。

  1. おかえりモネ、部屋から出た「宇田川さん」に膨らむ視聴者の予想「ブッキー説を提唱」「宇田川さんは妻夫木でしょ?」の声
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 【大韓航空機爆破30年】実行犯の金賢姫元工作員インタビュー 「めぐみさんは金正日一家の秘密を知ってしまった」
  4. NHK大河ドラマ「青天を衝け」9月19日第27話あらすじ 駿府の財政改革に乗り出す栄一、箱館では喜作と土方が…