脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情

手術で治る認知症「突発性正常圧水頭症」に注意 新薬「アデュカヌマブ」承認

 一方、認知症の中には手術によって改善する病気もあります。脳腫瘍、慢性硬膜下血腫、そして特発性正常圧水頭症です。

 脳腫瘍はその名の通り、脳にできた腫瘍によって脳組織がダメージを受ける病気。これによって起きる認知症は、腫瘍を切除する手術で改善します。

 慢性硬膜下血腫は、外傷などをきっかけに時間をかけて脳内に血液が溜まる病気。血種が脳を圧迫することで認知症の症状が起きますが、脳にチューブを挿入して血種を抜き取ると、認知症の症状も改善します。

 最後の特発性正常圧水頭症は、脳と脊髄を循環する「髄液」という液体の流れが滞り、脳室に溜まっていく病気です。脳室が大きくなり脳を圧迫することで認知症の症状が出てきます。

 この病気には、脳室や脊椎から腹腔に髄液を流す「シャント」という短絡路を設ける手術を行うことで脳の圧迫が解消し、この病気に特有の歩行障害、認知症、尿失禁などの症状が大きく改善することがあるのです。

 お伝えしてきたように、一般的に「認知症」と呼ばれる病気にはいくつもの種類があり、その中には予防が可能な病気があります。

 また、的確な治療を行うことで大きな症状改善が見込めることがある点は、ぜひ知っておいてほしいところです。

 ただ、最大の治療効果を得るには、少しでも早期に発見し、治療を開始することが不可欠です。

 「もしかして…」と思ったら怖がらずに、認知症の専門医や、私たちのような脳神経外科医を受診してください。認知症には治るものもある、ということを、ぜひ知っていただきたいと思います。 (構成・長田昭二)

 ■松野彰(まつの・あきら) 国際医療福祉大学成田病院で脳神経外科を率いる同大脳神経外科統括主任教授。東京大学医学部卒業。前帝京大学医学部脳神経外科主任教授。医学博士。

zakzak

  1. 巨人・原監督、殿堂入りで600人の大パーティー ただ1人欠席する大物とは…

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」