66%が現在の仕事に「満足」 満足の理由は「通勤時間、勤務地」、不満は? - イザ!

メインコンテンツ

66%が現在の仕事に「満足」 満足の理由は「通勤時間、勤務地」、不満は?

ITメディア
就業意識は変化した?(画像はイメージ)
就業意識は変化した?(画像はイメージ)

現在の仕事の不満理由1位は「給与水準」――そんな結果が、インターネットリサーチを手掛けるマイボイスコム(東京都千代田区)の「就業意識」に関する調査で分かった。同調査は2009年開始から今回で6回目となる。

現在の仕事の満足度は?

働いている人に現在の仕事の満足度を尋ねた。「満足」していると答えた人は15.5%、「やや満足」は50.5%だった。18年の前回調査より満足している人は増加した。

現在の仕事の満足理由1位は「通勤時間、勤務地」(39.4%)。次いで「休暇日数、休みのとりやすさ」(33.7%)、「労働時間」(32.3%)、「仕事の内容、種類」(27.1%)、「仕事の量」(23.2%)と続いた。前回調査でも「通勤時間、勤務地」が満足度理由の1位だった。

一方、現在の仕事の不満理由で最も多かったのは「給与水準」(35.7%)。次いで「仕事の量」「人間関係」「休暇日数、休みのとりやすさ」「労働時間」が各1割強となった。給与水準を不満理由として挙げる人の割合は、過去調査と比べて減少した。

仕事に対する考え方は?

仕事に対する考え方としてあてはまるものを聞いたところ、1位は「仕事は収入を得る手段としてとらえている」(58.3%)。次いで「雇用が安定している職種・仕事を選びたい」(28.3%)、「仕事も、私生活も両立したい」(25.9%)、「時間に融通がきく仕事を選びたい」(25.9%)の順に。女性の方が、時間に融通がきく仕事を選びたいと回答した比率が高かった。

マイナビが20年9月に実施した調査では、コロナ禍で「働くことへの考え方が変わった」人は全体で41.1%と、若年層ほど割合が高かったという。考え方が変わった理由を聞くと、コロナ禍を意識した働き方や、その変化に順応しようとするコメントが目立った。この1年で働き方や価値観は大きく変化した。アフターコロナで起きる変化にも注目が集まる。

本調査は、「MyVoice」のアンケートモニターを対象にインターネットで実施した。期間は21年7月1~5日、有効回答数は1万110人。

関連記事
  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声