西田がバレンシアに入団 石川との〝日本人対決〟「やるからには勝ちたい」/バレー

サンスポ
イタリア・セリエA挑戦を発表した西田有志。世界最高峰でもまれて日本代表を強くすると意欲を表した(ジェイテクト提供)
イタリア・セリエA挑戦を発表した西田有志。世界最高峰でもまれて日本代表を強くすると意欲を表した(ジェイテクト提供)

東京五輪で29年ぶりの8強進出を果たしたバレーボール男子日本代表の主砲、西田有志(21)と所属するジェイテクトは9日、西田が今季、イタリア1部リーグ・セリエAのバレンシアに入団すると発表した。

「五輪で、例年より戦える姿を見せられたが、上位チームには勝てていない。経験値や能力、マインドがそこに到達していない」と西田。「この1年でバレーをやめてもいいくらいやり切って、レベルアップを図り、日本をもっと強くして、パリ五輪でいい結果を求められるチームにしたい」と意気込みを話した。

ジェイテクトに籍を残すのかなどは明確にされなかった。西田は「とりあえず1年行って、それでいいと思えば帰ってくると思う」とした。

以前から東京五輪を節目として海外挑戦を検討していた。セリエAからは複数のチームからオファーを受けたが、昨季8位のバレンシアは西田を先発で起用する考えを示したという。「西田が必要といってくれたのが心の底からうれしくて、トライできるという気持ちがあった」と話した。

セリエAでは日本代表の主将、石川祐希(25)=ミラノ=が7季目を迎える。イタリア挑戦を伝えると頑張れと励ましてくれたそうで、〝日本人対決〟については「できるのはうれしく思うし、やるからには勝ちたい。そこで切磋琢磨(せっさたくま)できる立場でありたい」と向上心を見せた。

  1. 佐々木蔵之介が結婚!お相手は一般女性「早々に『完敗宣言』」

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 残りあと5話!NHK朝ドラ「ちむどんどん」最終週あらすじ やんばるで食堂を開きたいと考える暢子(黒島結菜)、東京からは房子(原田美枝子)が…

  4. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  5. 【ニュースの核心】習主席とプーチン大統領〝共倒れ〟も 中露首脳会談、連携協調も温度差 ロシアの手の内見透かす米国「核のボタン」事前の察知に自信