シビアな関ジャニ・大倉が「シンプルにおいしい」と認めたのは? “クロニクル”初の企業コラボ  - イザ!

メインコンテンツ

シビアな関ジャニ・大倉が「シンプルにおいしい」と認めたのは? “クロニクル”初の企業コラボ 

腕組みして厳しい審査に臨む大倉忠義(中央)(C)フジテレビ
腕組みして厳しい審査に臨む大倉忠義(中央)(C)フジテレビ

8月の「関ジャニ∞クロニクルF」(フジテレビ系)は“真夏のカスタムグルメSP”と題し、4週連続で人気企画シリーズを届ける。

第1弾となる9日午後11時15分からの放送では、ゲストにお笑いトリオ・3時のヒロインを招き、ファミリーレストラン・ガストの人気テイクアウトメニュー「ビーフ100% プレミアムチーズINハンバーグ」を使ったカスタムメニュー対決を行う。

「カスタムグルメ」とは、自分が思う最高の食材と調理法を組み合わせて珠玉の一品を作る企画で、番組初となる企業コラボに丸山隆平は「いつもと仕様が違う」、安田章大は「本腰入れた」とワクワクの様子。今回はガストのメニュー開発に携わるブレーンとともに“ミスター審査員”こと大倉忠義が忖度なしで審査を行う。

ゲストの福田麻貴は「ガストは“母親”。3時のヒロインはガストで結成した。ネタ合わせもガストで…」と結成当初を思い出し、「その思い出の味を組み合わせた。かなり自信がある」とメキシコ料理・エンチラーダ風にアレンジした一品を考案。だが、横山裕から「3人で考えたの?」と聞かれると、歯切れの悪い返答が…。

安田はハンバーグを細かくつぶして具材と混ぜ、ホットサンド風にした一品を提案。丸山らは「ごっつ、うまい」とほおばるが、大倉はシビア過ぎる一言を発してその場が騒然となる。

「“Mr.カスタム”の称号らしいメニューになった」と自信をのぞかせる丸山は、割下で煮たすき焼き風の一品。しかし、これが波乱の幕開けとなる。

さて、大倉が「シンプルにおいしい」と絶賛し、史上最高得点をたたき出したのは誰のメニューなのか。

16日放送では、ゲストにお笑いコンビ・錦鯉を招き、牛丼チェーン・松屋の「牛めし」を使った対決を行う。実際に松屋で10年間アルバイトをしていたという錦鯉が考案したメニューとは?


  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり
  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」