30年冬季五輪「札幌招致」に道民の反応は 東京の大混乱ぶり目の当たり…反対派5割「もう日本開催はこりごり」 - イザ!

メインコンテンツ

30年冬季五輪「札幌招致」に道民の反応は 東京の大混乱ぶり目の当たり…反対派5割「もう日本開催はこりごり」

競歩男子50キロ 競り合う選手たち=6日、札幌市大通公園発着(撮影・村本聡)
競歩男子50キロ 競り合う選手たち=6日、札幌市大通公園発着(撮影・村本聡)

 東京五輪の競歩競技が北海道札幌市で5日から始まり、6日は早朝から男子50キロが行われた。新型コロナウイルス感染拡大で大混乱した東京五輪を経て、札幌市は2030年冬季五輪招致を目指す。今大会では限定的だった経済効果を期待して「今度こそは」と意気込む道民もいれば、「もう日本で開催するのはこりごり」との声もある。7日以降の男女マラソンで幕を閉じる今大会が、札幌招致の機運を高めることとなるかどうか。 (松村友二)

 札幌市中央区の大通公園がスタートとフィニッシュ地点。東京の猛暑を避けて開催地が移された札幌だが連日30度を超えて暑いのは東京と同じ。一方、感染者数の増加を尻目に沿道には市民が集まり、密になっている場所も散見された。

 20年1月に開催された国際オリンピック委員会(IOC)の総会時点では、札幌開催を高評価する声があり、手を挙げていた他の都市が34年以降に招致を変更する可能性があるとも報じられた。

 4月に地元紙の北海道新聞が札幌市民に行った札幌五輪招致に関する世論調査では、反対派が50%で賛成派が48%。競歩会場の市民の反応も様々だった。

 「スポーツは好きなので大賛成。無観客は努力してきた選手がかわいそうだし、対策をしっかり講じた上で開催してほしい」(38歳会社員女性)などと賛成派が多いが、やはり心配の声も尽きない。

 「9年後の状況は誰も分からないが、気持ち的にはやってもらいたい。ただ開催には財政面の心配はある。1972年大会の会場も建て替えになるのだろうが、札幌だけでの運営は不可能だろう。札幌周辺には小規模自治体が多いため、一体となって実現できるのかどうか…」(56歳公務員男性)

 「折角だからみたいし、今大会の視聴率をみても分かるようにやれば日本人は必ず盛り上がる。でも東京五輪をみていると、政治的にやり方が下手くそ過ぎて、もう少しやり方を工夫してもらいたい。今大会だってワクチンをもう少し早く供給できていれば、有観客にできたのではないか。運営面ではIOCや組織委の利権もあるのだろうが、英知を結集しないと、東京五輪のような反対に遭うだけだ」(67歳自営業男性)

 金儲け主義で東京五輪をごり押ししたとの批判もあるバッハ会長らIOCに対する不信感も目立つ。

 「東京五輪はエコでコンパクトとスローガンを掲げながら、巨額な経費が掛かってしまった。IOCや組織委に搾取されている面があると思うが、そのために選手が利用されてしまっていると思う。今大会はコロナ禍のための無観客だが、純粋にスポーツの祭典と考えるのであれば、最初から無観客にするのもありかもしれない。商業的過ぎない五輪がみたいものだ」(65歳無職男性)

 東京は、開会式の後は反対派の声はかなり押さえ込まれた印象。東京五輪終盤の激闘を目の当たりにして、札幌市民の気持ちはどう動くだろうか。

zakzak

  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  3. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声