バイデン米政権で初、台湾への武器売却を承認 自走榴弾砲など820億円相当 中国反発 - イザ!

メインコンテンツ

バイデン米政権で初、台湾への武器売却を承認 自走榴弾砲など820億円相当 中国反発

 ジョー・バイデン米政権が、蔡英文総統率いる台湾の防衛強化に乗り出した-。米国務省は4日、台湾に対して155ミリ自走榴弾(りゅうだん)砲「M109A6」40両や支援車両など計約7億5000万ドル(約820億円)相当を売却することを承認し、議会に通知したと発表した。

 「(台湾の)安全を強化し、地域の政治的安定と軍事的均衡の維持に貢献する」「米国の経済、安全保障上の利益に資する」

 国務省は声明でこう強調した。

 今年1月のバイデン政権発足後、台湾への武器売却が承認されるのは初めて。台湾への積極的な武器支援を通じて中国を牽制(けんせい)したドナルド・トランプ前政権の路線を、バイデン政権も継承する姿勢を明確に打ち出した。

 売却案には、約1700発分の155ミリ榴弾を衛星利用測位システム(GPS)精密誘導弾に改良させるキットも含まれ、中国軍部隊の上陸侵攻を想定した制圧能力向上が図られた。

 中国は、台湾の防空識別圏に中国軍機を頻繁に進入させるなど、軍事的恫喝(どうかつ)を続けている。

 米議会では、台湾を支援する立場が超党派で共有されており、今回の武器売却案は特に問題なく認められる見通しだ。

 バイデン政権の承認を受け、中国外務省は「断固反対し、米国に厳正な申し入れをした」との報道官談話を発表した。

zakzak

  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声