持続化給付金詐取疑い 暴力団関係者の男逮捕

産経ニュース
神奈川県警本部
神奈川県警本部

新型コロナウイルス対策の持続化給付金をだまし取ったとして、神奈川県警暴力団対策課は5日、詐欺の疑いで、横浜市磯子区丸山の無職、村田学博(たかひろ)容疑者(54)を逮捕した。容疑を否認している。

逮捕容疑は昨年8月15日、自身が給付対象となるサービス業を営む個人事業者であるかのように装って中小企業庁の持続化給付金申請用ホームページに事業収入が減少したとする虚偽の内容のデータを入力。同月26日、現金100万円を入金させ、だまし取ったとしている。

同課によると、村田容疑者は指定暴力団の周辺関係者とみられ、別の事件の捜査中に詐欺に関与した疑いが浮上。同課は背後に噓のデータ入力を指南した人物がいなかったかなど、捜査を進めている。

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 「いちゃもん、うっとうしい」吉村知事が枝野氏を痛烈批判

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」

  5. 【衝撃事件の核心】しょうゆ差しに入れたのは…教職男の転落