【マンション業界の秘密】偽装免震ゴムを使ったタワマン解体の怪 初の事例に工法や費用に注目(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

マンション業界の秘密

偽装免震ゴムを使ったタワマン解体の怪 初の事例に工法や費用に注目

ブームとともに林立したタワマン。その将来は明るいか、それとも…
ブームとともに林立したタワマン。その将来は明るいか、それとも…

 2015年に発覚した免震ゴム性能偽装事件を覚えているだろうか。大手タイヤメーカーが製造していた建造物用の免震ゴムが、国土交通省の定めた基準を満たしていなかった事件だ。

 全国で154棟もの建物に、この性能偽装の免震ゴムが使用されていたので大騒ぎになった。その後、それらの建物では基準を満たした免震ゴムへの取り換え作業が進んでいたはずだった。

 ところが先日、福岡市でこの偽装ゴムを使っていたとされるタワーマンション(タワマン)の解体が決まった、と報道された。06年に建てられた地上30階、全215戸の物件だ。

 解体理由の詳細は分からないが、このタワマンは賃貸用で、現在のオーナーは1社のようだ。したがって、賃貸居住者には立ち退きを求める形になるらしい。住民の一部は困惑しているが、「建物が危険な状態だから解体する」ということなら、いずれ立ち退かざるを得なくなる。

 私が注目するのは、解体する理由ではなく、その工法や費用だ。現在まで、タワマンと言われる20階建て以上の集合住宅が解体されたケースは皆無と理解している。つまり、この物件は日本で初めて解体されるタワマンとなる。

 どのような工法が採られるのだろう。

 参考となるのは13年に解体された赤坂プリンスホテル。高さ140メートルの威容を誇った「赤プリ」は、大成建設が開発した「テコレップシステム」という手法で、手際よく見事に姿を消した。

 今回もそのような方法が採られるのだろうか。あるいはそれとは違った新たな方法が採用されるのか。

  1. おかえりモネ、部屋から出た「宇田川さん」に膨らむ視聴者の予想「ブッキー説を提唱」「宇田川さんは妻夫木でしょ?」の声
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 【大韓航空機爆破30年】実行犯の金賢姫元工作員インタビュー 「めぐみさんは金正日一家の秘密を知ってしまった」
  4. NHK大河ドラマ「青天を衝け」9月19日第27話あらすじ 駿府の財政改革に乗り出す栄一、箱館では喜作と土方が…