鷲見玲奈アナの初写真集に「暴力的おっぱい」「けしからん 書店に行く」など反響続々 「持ち味生かされず」と落胆の声も

鷲見玲奈
鷲見玲奈

元テレビ東京のフリーアナウンサー、鷲見玲奈(31)が4日、初写真集「すみにおけない」(集英社、税込み2200円)を発売。ツイッターには早速、「アナウンサーらしからぬ色気」「もっと大胆に」「目指せ、田中みな実超え」などさまざまな反響が寄せられている。

鷲見は同日、発売記念のオンライン取材会に出席。サンケイスポーツの記事によると、沖縄本島と久米島での撮影に向けて体重を2キロ増やしたとのことで、「お尻や二の腕などのプリプリした感じを見て」と見どころをアピールした。写真集発売は最初で最後といい、「体を含め今がベストの状態。これ以上出せるものがない」と語っている。

同日、鷲見が自身のツイッターで「なんと!!記者会見中に重版3刷かかりました ありがとうございます」と投稿したように、売れ行きは好調で、5日朝の時点でアマゾンの「タレント写真集」売れ行きランキング1位。現在は品切れ中で、13日の入荷予定が示されている。

この写真集について、多くの芸能メディアが、水着姿やタンクトップとデニムのショートパンツ姿など、写真集に収められたカットの一部を添えて一斉に報じたことから、ツイッターにはさまざまな反響が寄せられている。「なんて暴力的なおっぱい」「アナウンサーらしからぬ色気ですね」「刺激ありすぎいい女過ぎる」「優勝です」など、公開されたカットに魅了されるユーザーが相次ぎ、「実にけしからん 明日は書店にでも行くか」と、トボけた調子の購入宣言も見られた。いち早く購入して、全カットを堪能したファンからも「久米島の風景に溶け込んでいて素晴らしかった…」と絶賛の声が届いている。

  1. 「いちゃもん、うっとうしい」吉村知事が枝野氏を痛烈批判

  2. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」

  5. ホールケーキ完食強制も…毒親に育てられた東大卒マンガ家の壮絶体験