【ゴルフわすれな草】木下稜介(2) 勝てなかった試合から得た課題を克服することが目標達成につながる…積み重ねた練習の成果、全英OP切符ゲット - イザ!

メインコンテンツ

ゴルフわすれな草

木下稜介(2) 勝てなかった試合から得た課題を克服することが目標達成につながる…積み重ねた練習の成果、全英OP切符ゲット

令和初のアルバトロスを記録した木下
令和初のアルバトロスを記録した木下

 バースデーウイークに開かれる全英オープン。その出場権を手にするために、何としてでも最終グリーンでのバーディーパットをねじ込みたかった。

 SMBCシンガポールオープン2020最終日。木下稜介は震える手を気迫で動かし、その1メートルのパットを決めた。

 上がり2ホールでの連続バーディーで67をマーク。6位タイに食い込み、全英オープン出場権を獲得した。20代での目標のひとつ「世界メジャー出場」を果したのだった。

 リベンジを果たした瞬間だった。

 全英オープン予選を兼ねていた前年19年のミズノオープンでのこと。最終日に首位と4打差の8位からスタートしたが伸ばし切れず、2バーディー・2ボギーでフィニッシュ。順位を5位タイに上げたが、上位4人に与えられる全英オープン出場権を手にすることはできなかった。

 大会初日には、570ヤードの3番パー5で、左ラフから245ヤードの2打目を3番アイアンでカップインさせ、令和初のアルバトロスも記録した。3アンダー・4位タイの好発進だったが、これを生かせなかった。

 ツアー初優勝と全英切符を逃した悔しさが募った。「自分には、まだまだ足りないものばかりなんだ」

 勝てなかった試合から得た課題を克服していくことが、目標達成につながる。木下は自分にそう言い聞かせ、スイング精度とアプローチ、パット力のアップに邁進(まいしん)した。オフシーズンには、吐くほどの厳しいトレーニングを積み重ねて体力アップにも努めた。その成果が、シンガポールオープンの好成績に結びついたのだった。

 そして、もうひとつの目標「20代でツアー初優勝」への思いは一段と強まった。

 新型コロナウイルス感染が世界中に広がり、トーナメントは次々に開催中止となった。全英オープンも開催が見送られ、国内のツアー開幕は9月まで引き延ばされた。それでも初Vチャンスが木下に訪れたのだった。

zakzak

  1. ファーウェイCFO逮捕でバレてしまった「中国という国の本質」
  2. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 【住宅クライシス】タワマン管理契約と修繕工事の深い関係