愛ちゃん役目引き継ぎ“頼れる佳純” 卓球女子団体、5日決勝「金」で集大成 「五輪は独特の空気、後輩を守って」協会も思い託す(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

愛ちゃん役目引き継ぎ“頼れる佳純” 卓球女子団体、5日決勝「金」で集大成 「五輪は独特の空気、後輩を守って」協会も思い託す

19歳で初出場したロンドン五輪では福原愛さんに守ってもらった石川。最年長で臨む今大会では初出場の平野美宇(右)を支える
19歳で初出場したロンドン五輪では福原愛さんに守ってもらった石川。最年長で臨む今大会では初出場の平野美宇(右)を支える

 ■女子団体準決勝 

 東京五輪卓球女子団体で3日、日本は準決勝で香港を3-0のストレートで下し、5日の決勝へ駒を進めた。前回2016年リオデジャネイロ大会まで女子卓球界を牽引した福原愛さん(32)からバトンを引き継いだ、最年長の石川佳純(28)=全農=は日本が力を入れてきた団体戦で3大会連続の表彰台を決め使命を全う。初の金メダルへあと1勝、集大成の最終決戦へ向かう。(山戸英州)

 日本卓球勢が長年、最も力を入れてきた種目の1つ、女子団体は2012年ロンドン大会で銀、リオ大会でも銅を獲得。石川はいずれもメンバーに選ばれ貢献した。

 自身3度目の準決勝でも、第1試合のダブルスでは五輪初出場の平野美宇(21)=日本生命=とペアを組み蘇慧音、李皓晴組に3-0でストレート勝ち。第3ゲームでは平野がストップを決めた瞬間、指をさしながら「ナイス!」と叫んで盛り立てる姿もあった。

 自身も19歳で初めて踏んだ世界の大舞台では、大先輩の福原さんに支えてもらった。卓球界の象徴が代表を去って初めて臨む今回の五輪。協会関係者から「五輪は独特の空気が支配する。後輩を守ってほしい」と思いを託され、石川がその役回りを引き継いだ。

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. ファーウェイCFO逮捕でバレてしまった「中国という国の本質」
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 【住宅クライシス】タワマン管理契約と修繕工事の深い関係