朝ドラ「おかえりモネ」及川亮、久々の登場にファン興奮「りょーちんからLINE来る世界に住みたい」 (1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

朝ドラ「おかえりモネ」及川亮、久々の登場にファン興奮「りょーちんからLINE来る世界に住みたい」

及川亮役を演じる永瀬廉 (C)NHK
及川亮役を演じる永瀬廉 (C)NHK

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の第57話が3日、放送され、King & Price永瀬廉演じる及川亮が劇中に登場。久々の登場と、亮が見せた笑顔に視聴者は大興奮で、この日、ツイッターのトレンドに亮の愛称「りょーちん」が久々に入り、永瀬のファンからコメントが殺到した。

主人公の永浦百音(清原果耶)が天気予報の魅力を知り、気象予報士として成長していく姿を描く「おかえりモネ」。ドラマは現在、第12週「あなたのおかげで」(56~60話)が放送中で、百音の故郷がある東北の太平洋側に大型の台風が接近。台風に不慣れな地域では大きな被害が出るのではと予測され、百音が働くテレビ局の気象班に緊張が走った。

百音は、気仙沼の実家に連絡を入れ、祖父でカキの養殖を営む龍己(藤竜也)に、どのような対策を取ればよいかを伝えた。父の耕治(内野聖陽)も百音からの連絡を受け、気仙沼の漁船を守るため、漁師で幼なじみの及川新次(浅野忠信)のもとを訪れた。

新次は亮の父。かつて「気仙沼で右に出る者はいない」と言われたほどのカリスマ的な漁師だったが、東日本大震災で最愛の妻、美波(坂井真紀)を亡くし、さらに自分の船も失ってしまったことで、酒におぼれる荒んだ生活を送り、船にも乗らなくなっていた。亮はそんな父との関係に悩んでいた。

この日の放送で、土砂降りのなか、耕治は新次がいる仮設住宅に足を運び、「島の船を動がしてもらえないが?」と頼んだ。西の湾内に島の船を全部避難させることになり、龍己がそれに当たっているが思いのほか波が高く、作業がなかなか進まなかった。新次は「係留しとげば大丈夫だろ」と答えるが、耕治は今回の台風は大型で、高潮で堤防に叩きつけられてしまうかもしれないと訴えた。「おめえなら、まだギリギリ動かせる。頼むよ。こごまで立で直してきて、まだ船をやられんのはキツイ。船やられんの、黙って見でられんねえのは、おめえの方だろ?」という耕治に、新次は「殺し文句のつもりがよ…。本当、頭がいいな」と反応。そして「船が…」と一言つぶやくと、ついに重い腰を上げ、亮のカッパを借りて外に飛び出した。

この光景に亮と耕治は言葉を失った。そして耕治は新次の後を追いながら「ありがとよ!ありがとよ!」と絶叫。2人が飛び出して行ったあと、亮は白い歯を見せながら小さく笑い、喜びを噛みしめた。久しぶりに見せた亮の笑顔だった。

  1. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  2. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く
  3. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で
  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は