自宅療養で死なない方法 政府、新型コロナの入院対象を重症者に限定 一部中等症状も入院不可に - イザ!

メインコンテンツ

自宅療養で死なない方法 政府、新型コロナの入院対象を重症者に限定 一部中等症状も入院不可に

 新型コロナウイルスの入院患者が急増、医療体制が逼迫(ひっぱく)するなか、政府は入院対象を重症者らに限定する方針を決めた。肺炎などの症状がある中等症でも重症化リスクが低い人は自宅療養とする。家庭内感染を避け、自宅で死なないためには何が必要か。

 緊急事態宣言が出ている6都府県の自宅療養者は約3万人だが、事実上の方針転換でさらに増加する見通しだ。

 政府は自宅療養する人の血中酸素濃度を測るパルスオキシメーターの配布などの対策を実施するが、現状ではコロナの特効薬はなく、回復まで耐えるのが原則だ。

 自宅療養について厚生労働省が示す留意点によると、患者は別室が基本で、個室がないときは少なくとも距離を2メートル保ち、仕切りやカーテンを設ける。換気は1時間に2回以上、2カ所の窓を数分間、全開にする。

 心臓や肺、腎臓などに持病がある人が看病することを避ける。ドアの取っ手などは薄めた塩素系漂白剤で消毒した後、水拭きする。はなをかんだ紙はポリ袋に密閉し捨てる。衣服やシーツは手袋とマスクを着けて扱う。

 小池百合子都知事は、40~50代の重症者に糖尿や高血圧など基礎疾患が目立つと指摘、「ほとんどの人はワクチンを未接種」と言うが、打ちたくてもまだ打てない人もいる。国や自治体頼みではいけないということか。

zakzak

  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  3. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声