対中包囲網強化へ ハリス米副大統領がアジア歴訪 陸自の超精鋭集団は初の海外直接降下訓練 台湾有事、尖閣・沖縄有事を想定 - イザ!

メインコンテンツ

対中包囲網強化へ ハリス米副大統領がアジア歴訪 陸自の超精鋭集団は初の海外直接降下訓練 台湾有事、尖閣・沖縄有事を想定

ハリス米副大統領(共同)
ハリス米副大統領(共同)

 カマラ・ハリス米副大統領は今月、シンガポールとベトナムを訪問する。中国が軍事的覇権拡大を進めるなか、ジョー・バイデン政権は、日本と米国、オーストラリア、インドの戦略的枠組み「QUAD(クアッド)」を重視し、東南アジアで「米国の関与強化」を目指している。こうしたなか、陸上自衛隊の超精鋭集団「第1空挺団」が先月末、米軍特殊部隊と米領グアムで降下訓練を実施していた。「台湾有事」や「尖閣・沖縄有事」などを想定しているようだ。

 「インド太平洋の重要なパートナーである両国と関係を強化し、経済協力拡大を図る」

 ホワイトハウスは、ハリス氏訪問の意義をこう強調した。地域の安全保障や、新型コロナウイルス対応、気候変動、ルールに基づく国際秩序を促進するための協力策などを協議する。

 一方で、日米同盟の強化も進められている。

 自衛隊唯一のパラシュート部隊である第1空挺団は7月29日深夜、米軍横田基地(東京都)から輸送機2機で出発。30日早朝、沖縄に駐留する米陸軍特殊部隊と、グアムのアンダーセン空軍基地の上空数百メートルからパラシュートで直接降下する初の共同訓練を実施した。

 訓練は、敵の島嶼(とうしょ)部への侵攻に対処する想定で、中国が活動を活発化させている南西地域の態勢を強化するため、日米の即応力を強める目的がある。

 中国の国営テレビは、東京五輪開催中の7月27日、「台湾侵攻」を想定したとみられる軍事演習の映像を放送した。「台湾有事」が発生すれば、中国軍が沖縄県・先島諸島の占拠に乗り出すシナリオも指摘されており、今回の降下訓練は「尖閣有事」「沖縄有事」を想定した可能性がある。

 FNNは1日、英最新鋭空母「クイーン・エリザベス」と海上自衛隊、米国、英国、オーストラリア軍による共同訓練が週明けから、日本の南方海域で行われると報じた。

 一連の動きは、何を意味するのか。

 軍事ジャーナリストの世良光弘氏は「ハリス氏に先立ち、アントニー・ブリンケン米国務長官や、ロイド・オースティン米国防長官もアジアを訪問した。(中国の暴発を阻止する)クアッド連携の最終的な調整段階にあると考えられる。台湾や先島諸島の防衛を意識した降下訓練や、英空母参加の共同訓練は、有事に備えた具体的シミュレーションを進めているということだろう」と語っている。

zakzak

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり
  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」