朝ドラあすの「おかえりモネ」8月3日第57話あらすじ 耕治と新次のやり取りに喜ぶ亮 - イザ!

メインコンテンツ

朝ドラあすの「おかえりモネ」8月3日第57話あらすじ 耕治と新次のやり取りに喜ぶ亮

永浦百音役を演じる清原果耶 (C)NHK
永浦百音役を演じる清原果耶 (C)NHK

宮城県の気仙沼湾沖の島で生まれ育ったヒロインの永浦百音が天気予報の魅力を知り、気象予報士として成長していく姿を描く「おかえりモネ」(NHK総合など)。女優・清原果耶が主演を務める同作の第57話が3日、放送される。

ドラマは現在、第12週「あなたのおかげで」(56~60話)が放送中で、東北の太平洋側に大型の台風が接近。台風に不慣れな地域では大きな被害が出るのではと、百音が働くテレビ局の気象班に緊張が走った。

百音は、気仙沼の実家に連絡を入れ、祖父でカキの養殖を営む龍己(藤竜也)に、どのような対策を取ればよいかを伝える。父の耕治(内野聖陽)や母の亜哉子(鈴木京香)は、そんな娘の様子に頼もしさを感じた。

一方、百音が下宿する「汐見湯」で、大家の井上菜津(マイコ)の祖父、肇(沼田爆)が五輪のテレビ観戦に夢中になりすぎて、熱中症になってしまう。百音はとっさに近くの病院に勤める若手医師、菅波光太朗(坂口健太郎)に助けを求めた。菅波は、肇と一緒にテレビ観戦していた光子(大西多摩恵)の症状も確認。病院へ行って診察してもらい、点滴を打つことを勧めた。その後、病院から戻ってきた肇はすっかり回復。「銀メダルに興奮しすぎた。ごめんちゃいごめんちゃい」と謝罪した。

第57話で、宮城県に大型の台風が迫る。百音からの情報を参考に、気仙沼では耕治たちが、登米では、百音が下宿させてもらっていた資産家の新田サヤカ(夏木マリ)たち森林組合の面々が、それぞれ対策を進めていた。船を波から守るため、漁師の及川新次(浅野忠信)は、幼なじみの耕治からのある提案に乗る。そんな父親の姿に、息子の亮(永瀬廉)は喜んだ。

やがて台風が去り、百音は家族たちから、おかげで助かったと感謝され喜ぶが、そんな百音に、同僚の若手気象予報士の神野マリアンナ莉子(今田美桜)は…。


  1. ファーウェイCFO逮捕でバレてしまった「中国という国の本質」
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声