NHKで「映像の世紀」を再放送 「間違いなく最高傑作」「学生は必見」と熱い推薦コメ続々 ショッキングな映像に注意喚起も(1/3ページ) - イザ!

メインコンテンツ

NHKで「映像の世紀」を再放送 「間違いなく最高傑作」「学生は必見」と熱い推薦コメ続々 ショッキングな映像に注意喚起も

「NHKスペシャル 映像の世紀」のデジタルリマスター版から。演説するヒトラー
「NHKスペシャル 映像の世紀」のデジタルリマスター版から。演説するヒトラー

NHKは、1995年3月から翌96年2月にかけて放送したドキュメンタリーシリーズ「映像の世紀」全11回を、総合テレビで8月3日から2週にわたり深夜に再放送する。総合の「NHKスペシャル」枠での放送から20年以上経った今も人気のある番組で、これまでもたびたび再放送されていることから、ツイッターには、同番組を知る視聴者から熱い推薦の言葉が続々と寄せられている。

人類が初めて歴史を「動く映像」として見ることができた最初の世紀である「20世紀」。米ABCとの国際共同取材で製作されたこのシリーズは、世界中に保存されている映像記録を発掘、収集し、11のテーマに沿って20世紀という時代を再構成したドキュメンタリーだ。最新のデジタル技術で初回放送時よりも鮮明な映像となっている。

再放送の告知を受け、ツイッターには視聴や録画を勧めるコメントが殺到。同番組を知る視聴者から「力のある映像と言葉にあふれています」「第5集『世界は地獄を見た』は本当に地獄だね。あの時代は」「NHKのドキュメンタリーでは間違いなく最高傑作に入る作品です。ぜひご覧ください」「やや情動に走りすぎなきらいはあるけど、貴重な映像いっぱいなので未見の人にはオススメ」など、高い評価と熱い推薦の言葉がずらりと並んでいる。

特に、「学生の方には是非通しで見てもらいたい。20世紀に起きたメインイベントが大体網羅されているはず。このときの因縁が今も世界に影響を与えているということが良くわかる」「地理選択生だろうが日本史だろうが、今を生きる者として必見である!」と、現役の学生にとって近・現代史を学ぶ最良の教材との声が目立つ。

  1. 「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局
  2. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」