「ベビースターラーメン」のカップ麺が登場 エースコックの商品説明ツイートに「ややこしいわwwww」のツッコミも - イザ!

メインコンテンツ

「ベビースターラーメン」のカップ麺が登場 エースコックの商品説明ツイートに「ややこしいわwwww」のツッコミも

「ベビースターラーメン カップめん」の「チキン味」と、やみつきになる辛さが人気の「ピリ辛チキン味」
「ベビースターラーメン カップめん」の「チキン味」と、やみつきになる辛さが人気の「ピリ辛チキン味」

エースコックは8月2日に、おやつカンパニーとコラボレーションした「ベビースターラーメン カップめん」を発売する。

ベビースターラーメンは、1959年に「ラーメンをそのまま食べる」との発想から生まれた、おやつカンパニーのロングセラースナック菓子。今回の新商品は、定番フレーバーの「チキン味」と、やみつきになる辛さが人気の「ピリ辛チキン味」をカップ麺として再現している。

「チキン味」はベビースターラーメンらしいしっかりと味付けした旨みのある麺と、チキンと玉ねぎの旨みを効かせたスープで、慣れ親しんだ“あの“味わいに仕上げている。「ピリ辛チキン味」はスープやかやくに絡みの強い唐辛子をアクセントとして配合。パッケージにはベビースターのキャラクター「ホシオくん」をあしらっており、駄菓子ブランドの懐かしさや選ぶワクワク感を加えた賑やかなデザインを採用している。なお、スナック菓子のベビースターラーメン(別売)を加える“追いベビースター”もおススメだという。

ツイッターには「味は想像できるけど食べたい」「ありそうで無かったやつw」などとさまざまな反応が寄せられており、ひよこちゃんと「すぐおいしい!すごくおいしい!」でおなじみの日清食品のチキンラーメンを引き合いに、「そういえばチ○ンラーメンをそのまま食べたら濃いベビースターラーメンの味がした」「チキンラーメンとの違いが気になります」といったコメントも目立つ。なかには「個人差あるけどブタメンは不味かったから自分にはこれも合わなそうだな」と、同じくおやつカンパニーから出ている類似商品の名前を持ち出す人も確認できた。

エースコックの公式ツイッターでは同商品について「簡単に説明すると、ラーメンをお菓子にしたベビースターラーメンをカップラーメンにしたベビースターラーメンカップめん」と紹介。この投稿をめぐってユーザーと“中の人“の間で「ややこしいわwwww」「簡単に説明したつもりだったのですがねぇ…」とのやり取りが発生し、ついにはおやつカンパニーの公式アカウントも当該ツイートを引用しながら、ベビースターの麺のピースを並べて描いた「わかりにくい…」との“ツッコミ画像”を投稿する始末となっている。エースコックの説明を理解したユーザーからは「ラーメン→お菓子→ラーメン。つまり、一周して戻って来た訳だ」との書き込みも寄せられている。

  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  3. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  4. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  5. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳