非接触決済サービス利用上位は「iD」「モバイルSuica」、検討トップは「楽天Edy」 MMDが調査 - イザ!

メインコンテンツ

非接触決済サービス利用上位は「iD」「モバイルSuica」、検討トップは「楽天Edy」 MMDが調査

ITメディア
スマートフォンの非接触決済の認知・利用状況
スマートフォンの非接触決済の認知・利用状況

MMD研究所は7月30日、「2021年7月スマートフォン決済(非接触)利用動向調査」の結果を発表した。利用しているサービスで最も多かったのは「iD」(24.4%)で、2位に「モバイルSuica」(23.1%)が続いた。

スマホの非接触決済の認知・利用状況について聞いたところ、最も多かったのは「非接触決済という言葉は聞いたことがあるが、サービス名称・内容はよく知らない」の20.5%で、「だいたいどんなものか分かるが、利用したことはない」(20.2%)が続いた。

一方で「全く知らない」は18.5%にとどまり、全体の81.5%はサービスを認知していることが分かった。

スマホの非接触決済サービスを利用している人(9526人)に最も利用しているサービスを聞いたところ、トップが「iD」(24.4%)、2位が「モバイルSuica」(23.1%)、3位が「楽天Edy」(22.4%)だった。

この結果を2021年1月と比較すると「iD」が3.7ポイント、「モバイルSuica」が4.1ポイント、「QUICPay」が1.0ポイント増加し、「楽天Edy」が10.2ポイント減少していることが分かった。

最も利用しているサービスの利用開始時期

最も利用しているサービスをいつから使い始めたか聞いたところ、「覚えていない」という回答が33.1%と最も多く、「2016年12月以前」(19.3%)が続いた。

スマホ非接触決済サービスの利用を検討していると回答した人(4059人)に対して、最も利用を検討しているサービス名を聞いたところ、トップが「楽天Edy」(20.5%)、次いで「モバイルSuica」(14.7%)、「Visaのタッチ決済」(11.9%)という結果となった。

調査日は7月1~7月5日。18~69歳の男女4万5000人を対象に、インターネットを利用して実施された。

関連記事
  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人