ミャンマー国軍トップ、「暫定首相」就任 23年8月までに総選挙 - イザ!

メインコンテンツ

ミャンマー国軍トップ、「暫定首相」就任 23年8月までに総選挙

産経ニュース

【シンガポール=森浩】クーデターで実権を握ったミャンマー国軍が設置した最高意思決定機関「国家統治評議会」は1日、国軍トップのミン・アウン・フライン総司令官を首相とする暫定政府が発足したと発表した。総司令官は同日、テレビ演説を行い、非常事態宣言終了後の2023年8月までの総選挙実施や、東南アジア諸国連合(ASEAN)の特使の受け入れも発表した。

暫定政府の副首相には国軍ナンバー2のソー・ウィン副司令官が就く。国軍は暫定政府発足によって統治の既成事実化を進めるとともに、総司令官が国の指導者であることを内外にアピールする狙いがある。

国軍は2月1日、アウン・サン・スー・チー氏率いる国民民主連盟(NLD)が圧勝した昨年11月の総選挙で不正があったとしてクーデターを強行。7月には総選挙の結果を無効にすると正式に発表した。

総司令官は1日の演説で「複数政党が参加する選挙実施を約束する」と述べ、23年8月までに総選挙を実施し、勝利した政党に政権を委譲する方針を示した。総司令官が具体的な選挙日程に言及したのは初めて。

ただ、国軍は既にNLDを近く解党させる方針を明らかにしており、スー・チー氏やNLDを排除して選挙に臨み、国軍系政党を勝利に導く筋書きを描いている。また、国軍は今後2年にわたって国を支配することを宣言した形で、早期の民政復帰を求める民主派は反発を強めそうだ。

特使の派遣は4月のASEAN特別首脳会議で合意されたが、国軍は早期受け入れに消極的だった。総司令官は「特使との対話を含め、ASEANに協力する用意がある」と説明。2日からのASEAN外相会合などで人選や派遣時期が協議されるもようだ。

  1. おかえりモネ、部屋から出た「宇田川さん」に膨らむ視聴者の予想「ブッキー説を提唱」「宇田川さんは妻夫木でしょ?」の声
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了
  4. コロナワクチン「間違った打ち方」で抗体が不十分となるリスクも