メダル逃すも激闘の松山に感動の声「こんな興奮するスポーツだとは思わなかった」「みんゴルやりたくなった」 (2/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

メダル逃すも激闘の松山に感動の声「こんな興奮するスポーツだとは思わなかった」「みんゴルやりたくなった」

松山は3日目を終えた時点で通算13アンダーの2位で最終ラウンドをスタート。序盤はスコアを伸ばせず、順位を落としたが、後半の11番と12番で連続バーディー。首位を走っていたザンダー・シャウフェレ(米国)が14番でスコアを落とすなか、松山はバーディーを奪って一時首位と1打差まで縮めた。だが、終盤の勝負所でパットが決まらず、通算18アンダーで金メダルを獲得したシャウフェレには3打及ばなかった。銀メダルはローリー・サバティーニ(スロバキア)が獲得。プレーオフを制した潘政琮(台湾)が銅メダルを手にした。


  1. 観光客激減の京都に高級ホテルが続々オープン!勝算は? アフターコロナを見据えた開発競争
  2. 実は3種類ある「プリンスホテル」 売り上げ1位なのに、実態がよく知られていないワケ
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 最新、衆院選「議席予測」 自公273「絶対安定多数」確保へ 立民128、共産17と共闘路線で一定の伸び “短期決戦”自力が勝敗の分かれ目に
  5. 青天を衝け、栄一の“浮気”令和3年的にはNG?「許せん」「この時代なら…」