金ローで「ジュラシック・パーク」2作品放送 「大好きな映画!何ならセリフも言える!」「あっつい2週やね」とファン歓喜(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

金ローで「ジュラシック・パーク」2作品放送 「大好きな映画!何ならセリフも言える!」「あっつい2週やね」とファン歓喜

第1作「ジュラシック・パーク」と第2作「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」を9月3日と17日にそれぞれ放送
第1作「ジュラシック・パーク」と第2作「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」を9月3日と17日にそれぞれ放送

日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」(毎週金曜・後9時)で、スティーヴン・スピルバーグ氏が自ら監督を務めた第1作「ジュラシック・パーク」と第2作「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」を9月3日と17日にそれぞれ放送する。

1993年公開の「ジュラシック・パーク」は、バイオ・テクノロジーで恐竜を現代に復活させるというマイケル・クライトン氏の小説を当時の最先端のCG技術とアニマトロニクス(生物を模したロボットを使って撮影する技術)を使って映像化。生きた恐竜が闊歩するテーマパーク“ジュラシック・パーク”の安全性を調査検証するため専門家たちが招かれるが、そこで予期せぬトラブルが発生。暴走し始めた肉食恐竜が彼らに襲いかかる様子を描いている。

そのリアルな恐竜の姿は大きな話題となり、劇場公開されるや否や世界中で大ヒットを記録。「E.T.」(1982)を抜いて当時の世界興行収入1位を達成し、「タイタニック」(1997)に抜かれるまでその座を維持した。28年を経た現在でもシリーズ作が作られ続け、最新作の「ジュラシック・ワールド:ドミニオン(原題)」は来年夏に公開予定だ。

「ロスト・ワールド」は、前作から4年後の世界を描くシリーズ第2作。パーク閉鎖後、野放しとなった恐竜たちは今も滅びることなく繁殖を続けていた…という設定からストーリーが展開する。

  1. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は
  2. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  3. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  4. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く
  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」