愛花、8・25開幕「THRee'S」で舞台初挑戦

サンスポ
「THRee’S」で舞台に初挑戦する愛花
「THRee’S」で舞台に初挑戦する愛花

ファッション誌「ViVi」の専属モデルなどで活躍中の愛花(えりか、20)が8月25日に東京・千住のシアター1010で開幕する「THRee’S」で舞台に初挑戦することが29日、分かった。

同作は企画演劇集団ボクラ団義の主宰・久保田唱氏の脚本で2014年に初演。三国志を基にした物語で、今回は「三国志演義」に登場する架空の美女、貂蟬(チョウセン)役で出演する。

愛花は2019年から「ViVi」の専属モデルを務め、昨年は日本テレビ系「人生が変わる1分間の深イイ話」やTBS系「東大王」にも出演。日テレ系「ズームイン‼サタデー」では7 月の月間お天気キャスターを担当するなど活動の幅を広げてきた。

一方、4月にはABEMAオリジナルドラマ「ブラックシンデレラ」で女優デビュー。初舞台に向け「キラキラしたものが目の前にあって、それに立ち向かっていきたい!」と気合を入れ、役どころについては「一見弱そうにみえるけど、本当は自分の意志と強さをもって行動できる女の子なので、その芯の強さが見どころ」とアピールした。