頂点狙う男子400メートルリレー、注目はメンバー選び 五輪陸上スタート 100メートルは89年ぶり決勝進出に期待 - イザ!

メインコンテンツ

頂点狙う男子400メートルリレー、注目はメンバー選び 五輪陸上スタート 100メートルは89年ぶり決勝進出に期待

男子100メートル代表の小池、山県、多田(左から)(共同)
男子100メートル代表の小池、山県、多田(左から)(共同)

 五輪の陸上競技は30日から始まった。最大の注目は、金メダルを狙う男子400メートルリレー。2016年リオデジャネイロ大会で銀メダルを獲得した日本は、高精度なバトンパスで頂点を狙う。

 日本短距離はかつてない高レベルとなって実力伯仲。注目されるのはリレーのメンバー選びだ。

 柱は、男子100メートル代表の山県亮太(29)、多田修平(25)、小池裕貴(26)の3人。さらに、リレー専門メンバーの桐生祥秀(25)、デーデー・ブルーノ(21)の2人を加えた計5人から4人を選ぶのが基本となる。

 ただルール上は個人種目にエントリーしている選手も起用できる。男子200メートルのサニブラウン・アブデル・ハキーム(22)、山下潤(23)、飯塚翔太(30)の3人も含めた実質8人から選ぶことが可能。9秒台の記録を持つ4人(山県、小池、桐生、サニブラウン)の調子の見極めと、誰を何走に使うのかが勝負を分けることになりそうだ。

 「100メートルでは決勝進出、リレーでは金メダルを目標としている。この場に立たせていただけることに感謝し、精いっぱい走りたい」と日本記録の9秒95を持つ山県。100メートルでは、過去2大会いずれも準決勝で自己記録を出しながら敗退。“暁の超特急”と呼ばれた吉岡隆徳(1932年ロサンゼルス大会6位)以来、89年ぶりの決勝進出にも期待がかかる。

 男子110メートル障害では、泉谷駿介(21)が表彰台を見据える。19年世界選手権は脚の故障で欠場したが、コロナ禍による延期が「自分にはチャンス」になったという。6月下旬の日本選手権で更新した日本記録13秒06は、16年リオ五輪では銀メダルに相当する。「そのタイムをコンスタントに出せるようにして、決勝でもしっかり食らいついていければ」と意気込みをみせた。

 最終日に札幌市で開催されるマラソンは、アフリカ勢が強いが、今大会を最後に現役引退を表明している前日本記録保持者の大迫傑(30)=ナイキ=の銅メダルを予想する海外メディアもある。

 競歩では、男子50キロの鈴木雄介(33)がコンディション不良で出場を辞退し、金メダル最有力候補を失った。しかし、AP通信は、男子20キロで19年世界選手権を制した山西利和(25)が銀メダル、同50キロで川野将虎(22)が銀メダルを予想している。

 また、男子走り幅跳びの橋岡優輝(22)が今季絶好調で日本歴代2位の8メートル36を跳んでおり、メダルに届く可能性がある。フィールド種目では女子やり投げの北口榛花(23)はリオ大会の銀メダルに相当する66メートルの日本記録を持っている。

zakzak

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり
  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」