アンバサダーに木佐彩子が就任 若者が英語で未来を語るプレゼンイベント - イザ!

メインコンテンツ

アンバサダーに木佐彩子が就任 若者が英語で未来を語るプレゼンイベント

若者たちと一緒に未来を考える木佐彩子
若者たちと一緒に未来を考える木佐彩子

10代の若者たちが英語で未来を語るプレゼンテーションイベント「Voice of Youth Empowerment 2021 サステナ英語プレゼンテーションチャレンジ~地球の未来は、キミが変える~」(VYE2021)のアンバサダーにフリーアナウンサーの木佐彩子(50)が就任する。

同イベントは、フジテレビがユネスコ・アジア文化センター(Asia-Pacific Cultural Centre for UNESCO=ACCU)とともに開催。30年に社会の担い手となる次世代育成を目的としており、若者たちがSDGs(持続可能な開発目標)で変わる未来を自ら考え、仲間とともに地球を明るくするアイデア、アクションを発信していく。

若者の問題意識やアイデアの創造力を高めるために誰でも無料で視聴できるオンライン公開セミナー「SDGs Agora」(8月22日)、選考を通過したプレゼンテーション大会出場チームが参加するワークショップ「Speakers Workshop」(10月10日)、日本だけではなくアジア太平洋地域の学生も集うプレゼンテーション大会「Future Voices」(11月21日)が開催される。

楽天・石井一久監督兼GMの妻で元フジアナウンサーの木佐は高い英語力を生かし、発信力にも定評があるが、「若い世代の人たちが学校や生活の中でSDGsに取り組む姿はとても頼もしい。最近は私自身、若い人たちから学ぶことが多いと感じている。この“VYE”に参加しながらSDGsとともに世界共通語である英語でみなさんとお話しすることを楽しみにしている。若い人たちが活躍できる社会を作ることに少しでも貢献できたら」と話し、最後に「Speak yourself.Let me hear your voices!」と呼びかけた。

木佐が司会を務める「SDGs Agora」には、Popteen専属モデルの“れあぱぴ”こと権隨玲(ごんずい・れあ) 、フジ新人の竹俣紅アナらが出演。先輩アナ、木佐との初共演も楽しみだが、将棋の世界で知られた竹俣は「普段の生活でどんなことをしたら1手先ではなく、10手先まで読んだことになるのか、ということをみなさんと一緒に考える日にしたい」とコメントを寄せた。

  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人