台湾を香港にするな 安倍前首相、中国への警戒感あらわ 日米台戦略対話初開催 - イザ!

メインコンテンツ

台湾を香港にするな 安倍前首相、中国への警戒感あらわ 日米台戦略対話初開催

 日本と米国、台湾の有力議員らによる初の「日米台戦略対話」が29日、ウェブ会議形式で開催された。主催した超党派の議員連盟「日華議員懇談会」(古屋圭司会長)顧問である自民党の安倍晋三前首相は、中国による軍事的覇権拡大の動きに懸念を示し、新疆ウイグル自治区や香港での人権侵害について警戒感をあらわにした。

 「香港で起こったことが、台湾で起こってはならない」

 安倍氏はこう強調した。中国政府が、香港に国家安全維持法(国安法)を施行してから1年、香港の自由は奪われた。安倍氏は「自由・民主」「人権」「法の支配」という共通の理念を持つ台湾に寄り添った。

 さらに、コロナ禍で台湾の世界保健機関(WHO)へのオブザーバー参加を要求。安全保障だけではなく経済分野でも関係強化が不可欠だとして、米国と台湾に対し、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への参加を呼び掛けた。

 米国のウィリアム・ハガティ上院議員(前駐日大使)も「中国は専制的野心を拡大しようとしている。(台湾などの)自由と民主主義を守らなければならない」と発言した。

 台湾の游錫●(=埜の木を方に)立法院長(国会議長に相当)は、日米両国からの新型コロナワクチンの無償供与に謝意を表し、日本と米国、オーストラリア、インドの戦略的枠組み「QUAD(クアッド)」との対話促進も希望した。

 日米台連携の動きに、中国外務省の趙立堅副報道局長は29日の記者会見で、「どんな形式であれ誤った行為だ」「台湾は中国領土の一部だ」と反発した。

zakzak

  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で
  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人