瀬戸大也「すっきりしている」 萩野公介「悔いはない」/競泳

サンスポ
レース後に笑顔で健闘をたたえあう瀬戸大也(左)と萩野公介(恵守乾撮影)
レース後に笑顔で健闘をたたえあう瀬戸大也(左)と萩野公介(恵守乾撮影)

東京五輪第8日・競泳男子200メートル個人メドレー決勝(30日、東京アクアティクスセンター)瀬戸大也(27)=TEAM DAIYA=が1分56秒22で4位、萩野公介(26)=ブリヂストン=は1分57秒49の6位。長らく日本のこの種目を引っ張ってきた両者の東京五輪が終わった。

瀬戸は、400メートル個人メドレーで予選落ち。200メートルバタフライも準決勝で敗退。この日の決勝は、準決勝と同様、前半を抑えめに入り、7番手で迎えた平泳ぎから3番まで順位を上げたが、自由形で競り負けた。レース後は「今できる精いっぱいのことはやったのですっきりしている。公介と一緒に夢の舞台でまた泳ぐことができて幸せでした」とスッキリした表情だった。

一方の萩野は、背泳ぎで3番手につけたが、そこからズルズルと後退。タイムは予選が最も速かった。この種目の前回大会銀メダリストは「大也と一緒にレースを泳ぐのも、2桁で収まるかわからないくらい一緒に泳いできた。最後、東京五輪の舞台で泳ぐことができたのでうれしかった。全力を出し切ったので今の僕に悔いはない」とやりきった様子だった。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月20日第56話あらすじ 東京の笹川邸で生活することになったジョー、会えないるいに悪い噂が…

  2. あすの「カムカムエヴリバディ」1月19日第55話あらすじ ジョーからの提案を竹村夫妻に話せず悩むるい

  3. 「カムカムエヴリバディ」 ジョーがホットドッグ好きな理由が判明 「二人を定一さんが結びつけた」「今日のランチは…」

  4. 唐田えりか、東出昌大と初キスシーン「本当に『好き』と思っていたので」

  5. 「カムカムエヴリバディ」 「黍之丞=吉備のジョー」との解釈に「あっ…」「そっか!」「なるほど!」と膝打つ視聴者