瀬戸大也&萩野公介に感動の声殺到 「目頭が熱くなった」「最後の抱擁感動」「心から拍手」(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

瀬戸大也&萩野公介に感動の声殺到 「目頭が熱くなった」「最後の抱擁感動」「心から拍手」

レース後、笑顔の瀬戸大也と萩野公介(右)=30日、東京アクアティクスセンター(納冨康撮影)
レース後、笑顔の瀬戸大也と萩野公介(右)=30日、東京アクアティクスセンター(納冨康撮影)

東京五輪の競泳男子200メートル個人メドレー決勝が30日、東京アクアティクスセンターで行われ、準決勝を全体3位で通過した瀬戸大也(27)=TEAM DAIYA=は4位、前回銀メダルの萩野公介(26)=ブリヂストン=は6位に終わった。

小学3年の時からしのぎを削ってきた2人はそろって決勝の舞台に立ったが、瀬戸は3位のジェレミ・デプランシュ(スイス)と0.05秒差の1分56秒22で惜しくも4位。萩野は1分57秒49で6位に終わった。

瀬戸は前半にペースを抑える展開。7番手で迎えた得意の平泳ぎから3番手まで順位を上げたが、最後の自由形で競り負けた。萩野は背泳ぎで3番手につけたが、その後の平泳ぎ、自由形でペースが上がらず後退した。

2人はレース後に笑顔で健闘をたたえ合うと、瀬戸は「今できる精いっぱいのことはやったのですっきりしている。公介と一緒に夢の舞台でまた泳ぐことができて幸せでした」とスッキリした表情を見せた。

一方、前日の準決勝の後に「決勝を泳げるなんて、そして大也とまた一緒に泳げるなんて、神様がくれた贈り物としか思えない」とプールサイドで号泣した萩野は、6位の結果に「大也と一緒にレースを泳ぐのも、2桁で収まるかわからないくらい一緒に泳いできた。最後、東京五輪の舞台で泳ぐことができたのでうれしかった。全力を出し切ったので今の僕に悔いはない」とやりきった様子だった。

  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人