東京五輪・野球開幕でG・G・佐藤さん再ブレークの予感? なるか「GGモデルグラブ」 - イザ!

メインコンテンツ

東京五輪・野球開幕でG・G・佐藤さん再ブレークの予感? なるか「GGモデルグラブ」

北京五輪に出場したG・G・佐藤さん
北京五輪に出場したG・G・佐藤さん

東京五輪で注目の野球が開幕し、プロ野球・西武やロッテで活躍した元プロ野球選手のG・G・佐藤さんのツイートがネットをにぎわせている。

佐藤さんといえば、いまだに語り継がれているのが、2008年北京五輪での“世紀の落球”だ。当時、野球日本代表として参加した佐藤さんは、大事な2試合で計3失策をマーク。特に3位決定戦の米国戦で喫したエラーは「世紀の落球」などと言われ、佐藤さんのその後の野球人生に大きな影響を与えるまでになった。

佐藤さんは28日午後、当時の落球について触れた記事を伝える投稿をリツイート。その直後に「水曜日のダウンタウンに『スポーツ界の写真で一番擦られてるの僕の北京五輪のやつ説』持っていこうかな」と自虐ツイートし、フォロワーたちを喜ばせた。当該ツイートには「行こう!!今なら行ける!」「プレゼンしちゃって下さい」「神回の予感!」といった返信が寄せられた。

佐藤さんは翌29日にも自虐を続け、「おはようございます!馴染みのグローブメーカーに『僕モデルを限定で作りませんか?』と聞いたら苦笑いされた、G.G.佐藤です!」とツイート。この投稿にフォロワーがノリ、「欲しいかも!落としても言い訳出来そうでナイス」「出たらまじで買います!」「なぜかボールをはじいてしまうグローブw」などと返信した。

一方、佐藤さんの自虐にマジリプで応えるネットユーザーもおり、奈良県で「Bro's」のブランド名でグラブの製作・販売を手掛ける「吉川清商店」は、「奈良県でグローブを作っている吉川清商店です!G.G.佐藤さんモデル作りましょうか?」と意欲を見せた。


  1. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く