竹中直人、五輪開会式前日辞退していた 過去に障害者揶揄コントが批判

サンスポ
竹中直人
竹中直人

俳優の竹中直人(65)が、23日に行われた東京五輪開会式の出演を、前日22日に辞退していたことが28日、分かった。

所属事務所や関係者によると、発端は、開会式の楽曲制作担当だったミュージシャン、小山田圭吾(52)の過去のいじめ発言がネット上などで問題視されたこと。竹中は、1985年発売のオリジナルビデオ「竹中直人の放送禁止テレビ」で障害者を揶揄するようなコントを演じて当時、批判を浴び、関連団体に複数回謝罪したことがあったため、「みんなに迷惑をかける」と辞退を申し出たという。

担当マネジャーは、今回は演出などに携わっておらず、あくまでも演者としての出演なので考え直してほしいと一度は説得したため、竹中は21日の開会式リハーサルには参加。だが、その後、さらに開会式で演出統括役だった演出家、小林賢太郎氏(48)がお笑い芸人時代のコントが問題視されて解任されたことを受けて、竹中は改めて「辞退させてほしい」と事務所に申し出た。

当初は開会式のパフォーマンスで、女優の真矢ミキ(57)とともに大工の棟梁を演じる予定だったという。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月28日第62話あらすじ 回転焼きの評判は上々も何もできないジョー、ある日るいが倒れ…

  2. どうやって撮影したのか?共通テスト問題流出事件 ITジャーナリストの三上洋氏「スマホのみ使用の可能性が高い」「発信者特定は時間の問題」

  3. 「カムカムエヴリバディ」堀部圭亮演じる「吉右衛門ちゃん」登場 父子の1人2役に「パパそっくり」「けちえもんに…!」と視聴者大喜び

  4. Eカップ小島みゆ、変形ビキニで浜辺を歩く 「妹役という設定で演技に初めて挑戦しました」

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病