ハーゲンダッツの新作「濃苺」発売 ツイ民の食レポでは評判上々 フライング目撃情報の一方、“難民”や品切れ心配する声も - イザ!

メインコンテンツ

ハーゲンダッツの新作「濃苺」発売 ツイ民の食レポでは評判上々 フライング目撃情報の一方、“難民”や品切れ心配する声も

ハーゲンダッツ ジャパンの期間限定商品、ハーゲンダッツ「濃苺(こいちご)」。プレスリリースから
ハーゲンダッツ ジャパンの期間限定商品、ハーゲンダッツ「濃苺(こいちご)」。プレスリリースから

アイスクリームメーカーのハーゲンダッツ ジャパンは27日、ミニカップアイスの期間限定商品、ハーゲンダッツ「濃苺(こいちご)」の販売を全国で始めた。約1カ月前の6月26日に発売が予告された時から、「久しぶりにハーゲンダッツを買う時がきたようだ」などと多くのネット民から注目が集まっていた商品だけに、ツイッターでは「これ本当に美味そうなんだよなぁ…」「苺好きとしては食べないという選択肢なんてない」「ネーミングもパッケージもかわいい」など、改めて熱視線が送られている。

“素材のおいしさ”にこだわり、中まで真っ赤な色合いと濃い風味が特徴のイチゴを惜しみなく使用している。隠し味として、この商品のために開発したオリジナルのイチゴ酢を加えたことで、アイスクリームの濃厚なコクを保ちながら、イチゴそのものを食べているような果実感とキレのあるすっきりとした後味を実現。完熟イチゴそのものの甘酸っぱさや風味が口いっぱいに広がるとアピールする。商品名は、「濃い」と「苺」を組み合わせた造語で、完熟イチゴの “濃厚な味わい” を表現しているという。内容量は100ミリリットルで、税込み350円。全国のスーパーマーケット、コンビニエンスストア、デパートなどで販売中だ。

発売の知らせを受け、ツイッターでは、「昼休みあと10分 急いで買いに行く」「夫へ。私のSNSを覗き見してるならこれ買ってきてください」と購入宣言や、家族への“発注”が多く見られるほか、「今日のアイス決定してたけど、こっちにしようかしら…」と目移りするアイスマニアも。

「あれ…これ昨日見たな…」「一昨日から特設まで作ってゴリゴリ売ってた」と、フライング販売の目撃情報も散見される一方で、「これ早く食べたいのに まだ出会えない」と扱っている店舗が見つからないとの嘆きも見られる。

中には「買いだめしないと」などと意気込むアイス好き、いちご好きも見受けられることから、「今日買って帰るぞ なくなるなよ」と品切れを心配するユーザーもいた。

運よくゲットできたツイ民からは、早速画像つきの食レポが続々と投稿されている。「甘酸っぱくて美味しかったです」「想像以上に美味しかった」「(味が)濃かった」「(レギュラー商品の)ストロベリーより色が濃い!」など、メーカーの宣伝通りの反応が目立っており、「毎日食べたい」というほどハマったツイ民も。評判は上々のようだ。

「味濃くておいしかったです 高いんですけど…」との指摘通り、税込み319円のレギュラー商品よりも少し値段設定が高いことから、「これ~!食べたいやつ」と興味を示しつつも、「広告の品になったら買うんだ~」と冷静に対応する節約上手な人も見受けられた。

  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  3. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声