【僕らをときめかせた ウルトラヒロインたち】桜井浩子、ひし美ゆり子 ともにヌード披露で男性ファンを熱くさせた - イザ!

メインコンテンツ

僕らをときめかせた ウルトラヒロインたち

桜井浩子、ひし美ゆり子 ともにヌード披露で男性ファンを熱くさせた

愛らしい桜井(写真)
愛らしい桜井(写真)

 今年は“特撮の神様”円谷英二の生誕120周年、『ウルトラマン』の放送開始55周年という記念すべき年だ。特撮の中でも、われわれの心を熱くしたウルトラヒロインたちを振り返ろう。

 1966年1月に放送が始まった『ウルトラQ』。記念すべきウルトラヒロイン第1号が桜井浩子(75)だ。

 『ウルトラQ』ではカメラマンの江戸川由利子、そして66年の『ウルトラマン』では科学特捜隊のフジ・アキコ隊員を演じている。インカムをつけて連絡を取る姿は以降の女性隊員の原型ともいえるだろう。

 61年に、オール東宝ニュー・タレント1期生となって、『紅の海』(谷口千吉監督)で本格的にデビュー。当初は中川ゆき、南弘子とともに『スリー・チャッピーズ』としてアイドル的な売り出しもされている。

 桜井といえば、『ウルトラマン』第33話「禁じられた言葉」で巨大化してビルをたたき壊したかと思えば、『ウルトラQ』第17話「1/8計画」では8分の1サイズに小さくされたことも。

 ウルトラヒロインで、もっとも男性ファンを熱くさせたのが、67年の『ウルトラセブン』でウルトラ警備隊の友里アンヌ隊員を演じたひし美ゆり子(当時・菱見百合子、74)だろう。

 アンヌ隊員というと、巨大なバストラインが強調された制服姿が、子供たちの記憶に焼き付いている。これはもともとアンヌ隊員役だった豊浦美子が降板し、ひし美が代役に呼ばれたため、制服のサイズ直しが間に合わなかったからだという。何が幸いするか、分からないものだ。

 その後、ヌードグラビアや『ポルノ時代劇 忘八武士道』(73年)や『好色元禄(丸秘)物語』(75年)など東映の成人映画にも出演し、見事なボディーを披露することに。アンヌ隊員の制服の奥を見て衝撃を受けた男子も少なくない。

 ちなみに桜井も71年、実相寺昭雄監督の映画『曼陀羅』でヌードを披露している。

 ■桜井浩子(さくらい・ひろこ) 1946年3月4日生まれ、東京都出身。『ウルトラマン』の後もウルトラ作品に出演している。

 ■ひし美ゆり子(ひしみ・ゆりこ) 1947年6月10日生まれ、東京都出身。プロ野球横浜DeNAベイスターズのファンを公言している。

zakzak


  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声