【ニュースの核心】秋に控える“2度の戦い”総裁選と解散・総選挙 東京五輪は菅政権の運命を占う大会に - イザ!

メインコンテンツ

ニュースの核心

秋に控える“2度の戦い”総裁選と解散・総選挙 東京五輪は菅政権の運命を占う大会に

国会議事堂=東京・永田町(酒巻俊介撮影)
国会議事堂=東京・永田町(酒巻俊介撮影)

 新型コロナウイルスの新規感染者が増え続けるなか、東京五輪が23日、開幕した。今回の大会開催には、日本だけでなく、世界からも少なからぬ疑問や批判を招いた。

 だが、もう大会は始まった。であれば、私たちはどう現実を受け止めるべきなのか。

 大会直前になっても、「五輪中止」を求めて、街頭でプラカードを掲げる人たちがいた。彼らは、東京に来た選手や関係者たちにも「帰れ!」と罵声を浴びせるのだろうか。

 いくらなんでも「それは違う」と、私は思う。

 東京で最高の演技を発揮しようと、何年も努力を続けてきた選手たちを、日本はいつから「感染させられそうだから」と追い返す国になったのか。彼らだって心配はあったはずだ。それでも来た。いや、来てくれたのだ。

 それなら、心から歓迎し、声援を送ろうではないか。日本が「おもてなしを忘れた国」であってはならない。

 選手たちが全力疾走する姿は、画面を通してでも、世界に「勇気」と「感動」を届けるだろう。それは迷走した政治の雰囲気も変える可能性がある。菅義偉政権は「勝負の秋」を、どう乗り越えるのか。

 自民党総裁の任期は9月30日まで、衆院議員の任期は10月21日までだ。最大の焦点は、菅首相が「総裁選と解散・総選挙のどちらを先に選ぶのか」である。

 菅首相は、すでに総裁選出馬を明言している。そのうえで、総裁選を先にするなら、菅首相は「自分の進退を総裁選にかける」かたちになる。負ければ、総選挙の結果を待たずに「政権は終わる」からだ。

 逆に、総選挙を先にするなら、何がなんでも勝たなければならない。しかも、そのハードルは低くない。自民、公明両党で過半数を維持したところで、後に控えた総裁選で批判を浴びて、退陣を余儀なくされる可能性がある。菅首相は2度の戦いで勝利しなければならなくなるのだ。

 1度で勝負するか、それとも2度の戦いを覚悟するか。私は「菅首相は総裁選を先にして、一発勝負に出るのではないか」と思う。

 総裁選の方が総選挙よりも戦略を立てやすい、というメリットもある。党内で多数派を形成すれば「勝負あった」になるからだ。安倍晋三前首相や二階俊博幹事長は「菅氏支持」を表明している。そもそも、「有力な対抗馬が見当たらない」という事情もある。

 東京五輪は選手だけでなく、菅政権の運命と日本の先行きも占う大会になるはずだ。

 ■長谷川幸洋(はせがわ・ゆきひろ) ジャーナリスト。1953年、千葉県生まれ。慶大経済卒、ジョンズホプキンス大学大学院(SAIS)修了。政治や経済、外交・安全保障の問題について、独自情報に基づく解説に定評がある。政府の規制改革会議委員などの公職も務めた。著書『日本国の正体 政治家・官僚・メディア-本当の権力者は誰か』(講談社)で山本七平賞受賞。ユーチューブで「長谷川幸洋と高橋洋一のNEWSチャンネル」配信中。

zakzak

  1. 「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局
  2. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」