GO TO TOKYOパラリンピック

カヌー・瀬立モニカ、『金』をもぎ取る上腕三頭筋!

サンスポ
鍛え上げた自慢の腕を披露する瀬立。上腕三頭筋が盛り上がる (撮影・武田千怜)
鍛え上げた自慢の腕を披露する瀬立。上腕三頭筋が盛り上がる (撮影・武田千怜)

新型コロナウイルス感染拡大で1年延期となった東京パラリンピック開幕まで、28日で27日。競技の魅力などを紹介する月イチ特集の第40回は、カヌー女子カヤックシングル200メートル(運動機能障害KL1)で東京パラリンピック代表の瀬立(せりゅう)モニカ(23)=江東区カヌー協会=に迫る。コロナ禍で、スピードを生み出すエンジンとなる上腕三頭筋を徹底的に強化。目標とする金メダル獲得を視界にとらえた。(取材構成・武田千怜)

小松空港から飛び立ったばかりの飛行機が轟音(ごうおん)を立てて上昇する。その勢いに負けず、ひとこぎひとこぎ、瀬立がぐんぐん加速する。7月12日、石川・小松市の木場潟カヌー競技場で公開された日本代表の強化合宿。2大会連続出場となるヒロイン候補ははつらつとしていた。

「金メダルを狙えるというところに感覚としてはある。まぐれとか運を使って金メダルというより、実力で狙えるプランを組んでいる。忠実にこなして、金メダルを取りに行きたい」

初出場した2016年リオデジャネイロ大会は、決勝進出を果たしたが、1位に10秒433の大差をつけられ、「断トツの最下位(8位)」。世界との差を突き付けら「悔しかった」。あれから5年。5センチの成長で金メダルを視界にとらえる位置まできた。「三頭筋、命です」と〝モニカスマイル〟を輝かせ、披露した腕回りは29センチから34センチに成長した。

体重は「りんご3個分です」と冗談交じりに話す23歳は、海外勢と比べて小柄。体が軽いため「パッと出られる」とスタートが強み。「世界一のスタートダッシュ」習得に力を入れた。週3回のウエートトレーニングを欠かすことなく実施。スピードを生み出すエンジンとなる上腕三頭筋を重点的に鍛え上げた。

腕回りが大きくなればなるほどパワーもアップ。パドルでとらえた水を「100%後ろに流せるように」なった。ひとこぎで押し出せる水の量が多くなれば、最大スピードが上がり、「必然的に」タイムも縮む。瀬立の自己最速は54秒93で、リオデジャネイロ大会の決勝で出した1分9秒193から10秒以上速くなった。

  1. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」

  2. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」10月7日OA第5話あらすじ 参加した校外学習で舞(浅田芭路)がケガ、めぐみ(永作博美)は…

  3. 川口春奈主演「silent」Snow Man目黒蓮の迫真の演技に視聴者号泣「すごいドラマ」「毎週泣く自信ある」

  4. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  5. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も