夏ボーナス平均支給額は81万円 「支給あり」が多い業界は? - イザ!

メインコンテンツ

夏ボーナス平均支給額は81万円 「支給あり」が多い業界は?

ITメディア
今夏のボーナス支給について(出所:リリース)
今夏のボーナス支給について(出所:リリース)

キャリア調査機関の「Job総研」を運営するライボ(東京都渋谷区)が「2021夏のボーナス実態調査」を実施した。調査によると、今夏のボーナス支給について65.6%が「支給あり」と回答する中、昨年比で平均支給額は約6万円減少。その半数以上がコロナ禍の影響を受けていることが分かった。

今夏のボーナスについて、「支給あり」と回答した65.6%の内訳を見ると、メーカー勤務34.4%、IT関連企業15.0%と、他業界より「支給あり」の回答が目立つ結果になった。平均支給額は今夏が81.3万円、昨夏が87.2万円と、昨年比で約6万円減少している。

今夏のボーナス支給とコロナ禍の影響については、「大きく影響した」が27.5%、「少し影響した」が26.6%と、半数以上が少なからずコロナ禍の影響を受けていると回答した。また、今夏ボーナスの支給がなかった人のうち、65.8%は昨夏ボーナスの支給があったと回答。約7割が、2021年になってコロナ禍の影響でボーナスが支給廃止になったことが分かった。

全体を通して今夏ボーナス支給についての納得度は、「納得できる」が28.2%、「やや納得」が25.8%と、計54.0%が納得したと回答した。一方、「納得できない」は19.6%、「あまり納得できない」は26.4%で、計46.0%が納得できない結果となった。

回答者からは「ボーナス支給はありがたかったが、この先が不安」「コロナ禍でリストラはあったが、そのぶん残ったスタッフの給料、賞与は手厚くなった」「コロナの影響で夏ボーナスの支給廃止は仕方がない」などのコメントがあった。

ライボでは「コロナ禍の影響に対するコメントも多かったことから、ボーナス支給の有無にかかわらず納得度が過半数を上回ったのでは」としている。

調査は、7月9~16日にインターネット上で実施。1年以内~10年以上勤務、かつ20~1000人以上規模の企業に所属している全国20~69歳の男女418人を対象とした。

関連記事
  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声