新幹線高崎駅に 出身の布袋寅泰さん楽曲 群馬

産経ニュース
布袋寅泰さん(ダダミュージック提供)
布袋寅泰さん(ダダミュージック提供)

群馬県高崎市のJR東日本高崎駅上越・北陸新幹線のホームで、高崎市出身のギタリスト、布袋寅泰さんの楽曲が新幹線の発車メロディーとして採用され、このほど運用が始まった。来年7月2日まで発車のたびに布袋さんのメロディーが響き、県のイメージアップが期待される。

上りホーム(13、14番線)で使用される楽曲は、布袋さんが県の要請に応じて書き下ろしたコンベンション施設「Gメッセ群馬」(同市)のテーマ曲「Great Messenger(グレイト メッセンジャー)」で、布袋さんの持ち味が詰まったギターサウンド。

下りホーム(11、12番線)で採用されたのは「さらば青春の光」で、いずれも発車のたびにワンコーラス分(約20秒間)がスピーカーを通じて流される。従来は通常の発車ベルが使用されていた。

発車メロディーに布袋さんの楽曲を使う狙いとしては、県のイメージ向上とともにGメッセ群馬のPRの意味があり、県が全費用を負担。JR東日本高崎支社は県の要請を受け、地域活性化に寄与したいとして採用を決めた。

布袋さんは「ふるさと高崎駅のホームに自分の音楽が流れるなんて夢のよう」とのコメントを寄せた。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月28日第62話あらすじ 回転焼きの評判は上々も何もできないジョー、ある日るいが倒れ…

  2. 「カムカムエヴリバディ」堀部圭亮演じる「吉右衛門ちゃん」登場 父子の1人2役に「パパそっくり」「けちえもんに…!」と視聴者大喜び

  3. どうやって撮影したのか?共通テスト問題流出事件 ITジャーナリストの三上洋氏「スマホのみ使用の可能性が高い」「発信者特定は時間の問題」

  4. Eカップ小島みゆ、変形ビキニで浜辺を歩く 「妹役という設定で演技に初めて挑戦しました」

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病