侍ジャパン・オリ山本由伸がホテル密会 お相手は元エース菅野の元カノ・野崎萌香 - イザ!

メインコンテンツ

侍ジャパン・オリ山本由伸がホテル密会 お相手は元エース菅野の元カノ・野崎萌香

ポストセブン
野崎萌香と山本由伸が目撃された
野崎萌香と山本由伸が目撃された

7月28日に初戦(対ドミニカ共和国)を迎える侍ジャパン。稲葉篤紀・監督(48)から“開幕投手”に指名されたのはオリックスの山本由伸(22)だ。

「これまで絶対的エースだった菅野智之(31・巨人)がコンディション不良で代表を辞退したいま、今季パ・リーグの投手三冠の山本は、間違いなく投手陣の大黒柱。決勝トーナメントの大一番でもう一度先発できるスケジュールを考えた初戦起用です」(スポーツ紙デスク)

そんな山本の姿が目撃されたのは7月11日の夜のこと。ペナント前半戦最後の登板(9日)を7回零封で9勝目を挙げた山本は一足先に単身チームを離れ、オールスターまでのつかの間のオフを都内の高級ホテルで過ごしていた。

この日、山本が夕食に向かったのはホテル隣接のイタリアンレストランの個室。ワゴンに乗せられた前菜やデザートを客が選ぶスタイルの“ひとりメシ”には場違いな店。案の定、そこには待ち合わせの女性2人組がいた。女性2人はいずれもすらりとした長身で、ピンク色のふんわりとしたワンピース姿だ。

そのひとりはモデルの野崎萌香(31)。連れの女性は野崎の友人で、山本とも親しい様子だった。居合わせた客が語る。

「主に女性たちが会話をリードしているようで、6畳ほどの個室からは笑い声が聞こえてきました。お酒もかなり進んでいたのか、トイレに立った山本投手の顔はかなり赤らんでいましたね」

19時頃から始まった食事がお開きになったのは22時すぎ。この日の東京はまん延防止等重点措置(まん防)が発出中だったが(翌12日に緊急事態宣言発出)、店では23時の閉店間際まで酒類を提供していた。

先に店を出たのは野崎と友人で、ヒソヒソ話をしながらホテル棟方向へ。

残った山本はその直後に店を後にし、ホテルに戻っていく。だが、なぜか客室直結のエレベーターには向かわず、エスカレーターでいったんロビーへ降りる。サインプレーのような示し合わせた動きでロビー階で待っていた2人と再び合流。3人で客室行きのエレベーターに乗り込んで消えていった。

その間、野崎はずっと山本に寄り添い、友人は一歩離れたくらいの距離感を保っていた。さらに、山本の手には野崎からプレゼントされた大きな白い紙袋が握られていた。

野崎と友人がロビーに降りてきたのは日付が変わる頃。在阪球団所属で都内での宿泊機会が少ない山本は、野崎との時間を少しでも長く楽しみたかったのだろうか。

◆菅野との破局後に急接近

それにしても驚きなのは、山本と野崎という組み合わせ。

9歳差もさることながら、本誌・週刊ポストが野崎と侍ジャパンの元エース・菅野の「深夜の腕組みデート」をスクープしたのは2年前のこと。新しい交際相手が山本であれば、ジャパンの元エースから新エースへの“スイッチ”ということになるが──。

「野崎と菅野は『ポスト』記事の後もツーショットが報じられ、結婚間近とも囁かれていたが、今年4月に破局が伝えられた。別れを告げたのは野崎からだったと言われている。昨オフにメジャー移籍を目指していた菅野は野崎と結婚してアメリカに連れていくことを望んだのに対し、野崎が首を縦に振らずギクシャクしたのが原因だったようです」(スポーツ紙記者)

それから時を置かず、しかもこのコロナ禍の中、なぜ野崎は山本の部屋を訪れるほどの関係になったのだろう。野崎の知人が明かす。

「2~3年前に共通の友達の紹介で知り合って以来、親しい友人グループでちょくちょく会っていたんです。山本選手が上京する際には毎回のように食事していて、菅野選手との交際についても相談していたそうです。そんな関係もあって、菅野選手との破局の後に、急速に距離が縮まったのかもしれません」

球団に聞くと、「東京滞在については必要な行動であり不要不急の外出にはあたりません。山本投手と野崎萌香さんのご関係とご指摘の行動につきましては、プライバシーに関することであり、ご回答は差し控えさせていただきます」(広報部)と回答。野崎の所属事務所からは期限までに回答は得られなかった。

度重なる故障を抱えて不調から抜け出せない菅野から、飛ぶ鳥落とす勢いで侍ジャパンの顔となった山本へ──稲葉監督も脱帽モノの野崎の“選球眼”だが、新エース・山本は五輪のマウンドでもプライベートでも世代交代を印象づけられるか。

※週刊ポスト2021年8月13日号

関連記事
  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり
  3. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  4. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」
  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」