女子ソフトボール上野由岐子 13年前からの変化と秘めた思い - イザ!

メインコンテンツ

女子ソフトボール上野由岐子 13年前からの変化と秘めた思い

ポストセブン
エース・上野の13年ぶりの五輪への思いとは
エース・上野の13年ぶりの五輪への思いとは

1996年のアトランタ五輪から正式競技に採用された女子ソフトボールは、2008年の北京五輪を最後にオリンピックから姿を消していたが、今回の東京五輪ではそれが復活。マウンドには2004年のアテネ、2008年の北京でも活躍した上野由岐子の姿がある。ベテランの域に達した彼女が、今大会にかける思いとは――。

* * *

女子ソフトボール日本代表は競技のスタートから4連勝。5試合目となる7月26日の予選リーグ・アメリカ戦では惜敗したものの、2008年北京五輪に続く連覇へ向け、決勝で再びそのアメリカと戦うことになる。

全競技に先駆けて行われた初戦となる7月21日のオーストラリア戦後、記者会見に呼ばれた先発の上野由岐子には、五輪の正式競技から外れていた13年という時間に関する質問ばかりが飛んだ。

──13年ぶりのオリンピックのマウンドに上がった気分は?

──13年ぶりの金メダルに向けた意気込みを。

まるで上野の時間まで止まっていたかのような世界の記者の口ぶりだったが、チーム最年長となる上野は淡々と言葉を紡いだ。

「13年という時間に特別な感慨はないんですけど、このマウンドに立つために取り組んで来たので、ワクワク感しかなかった。ワクワクが強すぎて興奮し過ぎないように自分を抑えて抑えて、立ち上がりは丁寧に投げすぎてしまった。とにかくやっとこの舞台に戻ってこられた。積み重ねてきたソフトボール人生をぶつけたい」

上野に長期密着する機会があったのはまさに2008年だ。当時、26歳で、既に日本が世界に誇る豪腕、絶対的なエースとして君臨していた。仁王像のように立ちはだかるマウンドでの姿の一方、練習中から常にひとり自分の世界に浸り込むようなところがあった。五輪前の沖縄合宿中に、現地の支援者の自宅で食事が振る舞われた時も、大勢の仲間の隅っこに座り、静かに食事していた姿が印象に残る。そしてその時の言葉も。

「孤独? そんな生き方をしているつもりはないですけど(笑)、自分の中にあるのは、ソフトを広めたいということだけなんです。ソフトボール選手である自分にとって、もちろん、目標はオリンピックで金メダルを獲ること。獲ったあとの人生は……考えていないです」

北京五輪では準決勝のアメリカ戦、その同日に行われた決勝進出決定戦のオーストラリア戦、さらに翌日の決勝アメリカ戦と3連投し、2日間で413球を投げる快刀乱麻を断つピッチングで日本を金メダルに導いた。決勝後、グラウンドにアメリカ代表の選手らとボールを並べ、正式競技への復活を願ったのは五輪史に残る名シーンだった。金メダルという大願を成就しても、上野は現役を続け、そして東京五輪での正式競技復活が決まった。

39歳の誕生日だった7月22日のメキシコ戦では、2対2と追いつかれた7回途中に、無死1、2塁の大ピンチを背負った場面で降板した。リリーフした19歳下の左腕・後藤希友(みう)が火消しに成功し、日本はその後、無死2塁から開始されるタイブレークでサヨナラ勝ちした。

あわや逆転の大ピンチを招き、チーム最年少の後輩にマウンドを託す。こうしたことは日本の絶対エースであり続けた上野にとって自責の念にかられるかたちでの降板だったはずだ。

だが、上野は実にサバサバとこう答えたのだった。

「踏ん張れなかったのは心残り。でも身体はいっぱいいっぱいだったので、こんなもんかな。39歳をリアルに感じました(笑)」

後藤と交代する時に、上野は言葉を交わさなかった。それこそ信頼の証かもしれない。

「彼女は力のあるボールを投げられるピッチャーなので。無観客であることで、プレッシャーを感じることなく、のびのび投げられている感じがする。(19歳の年齢差があることは)自分もあんな感じだった。イケイケゴーゴーというか、全球全力! ハハハハ」

ライズボールやチェンジアップといった変化球は熟練の域に達し、何より「UENO」の名前は他国にとって脅威だ。かつ、頼れる仲間の存在もある。後藤は第4戦のカナダ戦でも6回無失点の上野からバトンを受け、7回とタイブレークで6者連続三振を奪うパーフェクトリリーフをみせ、第2戦同様に日本のサヨナラ勝ちを呼び込んだ。7月27日20時に予定されているアメリカとの決勝はメダルをかけた戦いとなるが、上野ひとりに頼らざるを得なかった北京との大きな違いがここにある。

ソフトボールは正式競技としては今回限りの復活だ。野球と共に、次回のパリ五輪から再び除外される。上野は未来のソフトボール界と選手のため、2028年のロス五輪から三度(みたび)復活させたいという秘めた思いを抱えて東京五輪を戦っている。

取材・文/柳川悠二(ノンフィクションライター)

写真/代表撮影JMPA+藤岡雅樹

関連記事
  1. おかえりモネ、部屋から出た「宇田川さん」に膨らむ視聴者の予想「ブッキー説を提唱」「宇田川さんは妻夫木でしょ?」の声
  2. 「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了
  3. コロナワクチン「間違った打ち方」で抗体が不十分となるリスクも