五十嵐カノア、五輪で名前にも脚光「確実に流行る」「名前からして最強すぎ」「名前がサーファーすぎる」(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

五十嵐カノア、五輪で名前にも脚光「確実に流行る」「名前からして最強すぎ」「名前がサーファーすぎる」

銀メダルを獲得した五十嵐カノア
銀メダルを獲得した五十嵐カノア

東京五輪のサーフィン決勝が27日に行われ、男子の五十嵐カノア(23)が銀メダルを獲得した。SNSでは彼の珍しい名前にも大きな注目が集まっている。

今大会から採用された新種目で、五十嵐が日本勢男子では初のメダルを獲得した。台風8号の影響で難しいコンディションのなか、準決勝でプロ最高峰のチャンピオンシップツアー(CT)年間首位のメジナ(ブラジル)破り決勝進出。金メダルが期待されたが、前半から高得点を連発したCT2位のフェヘイラ(ブラジル)に対して五十嵐は後半に大技を狙うも着水できず、初代王者の座を逃した。

SNSには「銀メダルは立派」「胸を張ってください。素晴らしかった!」などと健闘をたたえる声が殺到。なかでもその珍しいカタカナの名前は、ネット民から「五十嵐カノアとか名前かっこよすぎるやろ」「名前かっこいい~!!クゥー!!」などと強い関心を集めている。

五十嵐は日本人の両親を持ち、米カリフォルニア州で生まれ育った。名前の「カノア」はハワイ語で「自由」を意味する。ツイッターには「五十嵐カノアとかもう名前から表舞台で活躍する感じ」「イケメンを義務付けられた名前。きっちりイケメンですごい」「カノア選手の弟、キアヌっていうのね(キアヌ・リーブス思い出した)」などと、大きな反響が寄せられている。

  1. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  2. 「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局
  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」