水谷・伊藤組、日本卓球史上初の五輪金で相次ぐ「テレ東で放送して欲しかった…」の声 

イザ!
テレビ東京
テレビ東京

東京五輪の大会4日目となった26日、卓球の混合ダブルスで、第1シードの許昕、劉詩雯組(中国)を破り、悲願の金メダルを手にした水谷隼、伊藤美誠組。日本卓球界初の快挙はネットでも大きな話題となり、この日の夜、ツイッターでは「金メダル」「水谷選手」「美誠ちゃん」「歴史的瞬間」などの関連ワードが続々とトレンド入り。歓喜に湧くネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

今大会から採用された新種目の混合ダブルス。第1、2ゲームは中国が先取したが、第3、4ゲームは日本が取り返した。第5ゲームも点の奪い合いが繰り広げられたが、伊藤の強気のスマッシュ、水谷の後方からの鋭い返球などで3点をリード。直後に2点返されるが、浮いた球を伊藤が叩いてマッチポイントを奪うと、水谷のチキータで11点目を挙げ、3ゲームを連取した。第6ゲームは中国が取ったが、最終第7ゲームで日本ペアが立ち上がりから強気の攻めで8連続得点。中国ペアも技ありの返球で応じたが、伊藤のスマッシュを返せず、最後は伊藤のサーブが決まり、ゲームをものにした。

2人の快挙に、SNSには「金メダル本当におめでとうございます。感動しました」「希望と感動をありがとうございます」「中国に勝つなんてすごい!試合のスピード感すごい」「今日興奮して寝れるかなぁ」「ハラハラドキドキ、からの感動号泣…水谷伊藤ペア最高!!オリンピック最高!!」などのコメントが殺到。王国・中国を破っての金メダルに卓球経験者と思われるネットユーザーからは「卓球で中国に勝てる日が来るとは…」「難攻不落の中国を破っての卓球金メダルまだ信じられない!」「卓球やってた身としてはあの中国に勝って優勝したのが信じられない。いつかはくるだろうとは思っていたけれど本当にきただなんて。感動がとまらない」といった投稿も寄せられた。

一方、この日、SNS上で目立ったのは、「歴史的瞬間をテレ東に中継させてあげたかった」という書き込みだ。というのも、テレ東といえば、2000年代から「世界卓球」を中継しており、お茶の間では「卓球中継=テレ東」というイメージが浸透していた。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  3. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  4. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図