大坂なおみ、まさかの3回戦敗退にネット民衝撃「嘘だよな…?」「メダル取ると…」(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

大坂なおみ、まさかの3回戦敗退にネット民衝撃「嘘だよな…?」「メダル取ると…」

3回戦で敗退した大坂なおみ
3回戦で敗退した大坂なおみ

東京五輪のテニス女子シングルス3回戦が27日、有明テニスの森で行われ、世界ランキング2位の大坂なおみ(23)が同42位のマルケタ・ボンドロウソバ(22)=チェコ=に1-6、4-6で敗れる波乱があった。金メダルを期待していたファンは「敗退マ?」「ストレート負けは本当に驚き」などと衝撃を受けている。

大坂はファーストサービスの精度を欠くなど立ち上がりから苦戦。第1ゲームで今大会初めてサービスゲームを落とすなどリズムをつかめないまま、1-6で第1セットを落とした。

第2セットは、第1ゲームで大坂がこの試合初めてブレークに成功するなど徐々に調子を上げたが、ゲームカウント4-5で迎えた大坂サービスの第10ゲームで15-40の崖っぷちに追い込まれ、なんとかデュースに持ち込むも、3度目のデュースの末にボンドロウソバにブレークを許して第2セットも落とし、無念の五輪敗退となった。

第1シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)が1回戦で姿を消し、大坂にかかる期待が大きかっただけに、ファンは「嘘だよな…?」「ストレート負けはさすがに驚き」「あっさり負けてしまったな…」「メダル取ると思ってた」と驚きを隠せず。最後まで試合の流れを変えることができず、「最初から見てたけど攻めたやつほぼミスって本調子じゃなかったな」「こりゃ負けるよという流れのまま敗退してしまった」とがっかりするネット民が相次いだ。

  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人