「女王蜂」のアヴちゃんトレンド入りにファン驚く アニメ映画「犬王」で主役抜擢 「お茶の間に見つかっちゃう」と複雑な反応も(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

「女王蜂」のアヴちゃんトレンド入りにファン驚く アニメ映画「犬王」で主役抜擢 「お茶の間に見つかっちゃう」と複雑な反応も

女王蜂のボーカル、アヴちゃん(撮影・村上純平)
女王蜂のボーカル、アヴちゃん(撮影・村上純平)

27日のヤフーリアルタイム検索トレンド上位に、ロックバンド「女王蜂」のボーカル、アヴちゃんの名が突如ランクイン。アニメーション監督の湯浅政明氏が手がけた劇場用アニメ「犬王」の公式サイトが、同作に声優としてアヴちゃんが出演すると発表したことがきっかけとみられる。

同作は室町の知られざるポップスター「犬王」から生まれた物語を、変幻自在のイマジネーションで描くミュージカル・アニメ。小説家で劇作家の古川日出男氏による「平家物語 犬王の巻」を原作に、室町時代に人々を熱狂させた実在の能楽師・犬王と、そのバディーである琵琶法師・友魚の友情を描く。テレビアニメ「映像研には手を出すな!」を手がけた湯浅政明監督を筆頭に、漫画「鉄コン筋クリート」「ピンポン」の松本大洋氏(キャラクター原案)、テレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」「アンナチュラル」の野木亜紀子氏(脚本)、朝ドラ「あまちゃん」の大友良英氏(音楽)といった豪華クリエイターが集結した注目作だ。

作品の公式サイトが同日、公開時期が2022年初夏となったこと、第78回ベネチア国際映画祭オリゾンティ・コンペティション部門に選出されたことと並んで、犬王役にアヴちゃん、友魚役に俳優の森山未來の配役を発表。配給元のアスミックエース公式YouTubeチャンネルでは、1分弱の特報映像も公開された。

この知らせにアヴちゃんのファンが歓喜。ツイッターには「主題歌かと思ったら主役じゃん!」「長編アニメの主演やるのマジか」「アヴちゃん 楽しみすぎます」「トレンド入りしててすげ~!」と驚く書き込みが相次いでいる。

  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声